>  > [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 (SLP) 17インチ×7.0J PCD:100 穴数:4 インセット:27

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 (SLP) 17インチ×7.0J PCD:100 穴数:4 インセット:27

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 ECOPIA (SLP) リア 17インチ×7.0J PCD:100 穴数:4 インセット:27

<<   作成日時 : 2017/12/21 02:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は雲が優勢。時折青空が覗くものの、日差しが届くには至らず。

気温は平年並みだったが、それを信じられない感じであった。

日中の外も寒く、指先がすぐ冷たくなってしまう。

まだ積雪にならないのが幸いとも言えるが、今からこんなに寒さが厳しいのでは先が思いやられる。

昼間でも寒いと言うのは「本物」と言う事だ。

日本海側、特に秋田・青森・北海道では連日大雪で、留萌市などでは市民生活に支障が出ていると言う。

寒さも凄く、今朝最も寒かったのは道東の大樹町で-23.7℃だった。

このぐらいになると、ちょっとした水分はすぐに凍り、ドアや窓などは凍って開かなくなるし、ゴムなどは堅くなって粉砕してしまう。

車の窓も、ついお湯をかけて溶かしたくなるが、温度差でガラスが破損してしまうだけでなく、熱湯でもない限りお湯さえ凍ってしまう。

出発する何分も前にエンジンをかけ、すっかり暖気運転を行ってヒーターで溶かすしかない。

車も、サイドブレーキのワイヤーやロッドが凍結している場合もあり、夜駐車する時にサイドブレーキは引かない。

これは寒冷地の対策でもあるが、AT車はセレクトレバーを「P」に、MT車はギアをバックに入れてサイドブレーキを引かずに駐車しよう。

ワイパーブレードも凍ってダメになるので、雪が降らなくとも朝までは挙げておくことが望ましい。

最も氷点下でドアのパッキングが凍って、くっついて開かないことも。

無理に開けるとパッキングがダメになるので、これはお湯をかけるしかない。

ただしドアキーの穴にお湯がかからないように。

ドアキーの中まで凍ると、外では中々溶けなくなりますぞ。

このように、寒さはあらゆる面において「面倒」。

身体が辛いだけではないのだ。

地方ではプロパンガスの出が悪くなり、ガス漏れの危険もある 。

暑さも大変だが、寒さの方が思いがけない影響が出やすいのだ。

この冬は北国だけでなく、東京などもかなり寒いと聞くので、今後の対策を。


夜、ちらちら雪が降っていた。積もるような雪ではないが、気温も0℃近くまで下がっている。

今年も10日を残すばかり。急に寂しくなる。

相変わらず夜遅くまで、人出が多く、寒い夜だからこそ暖かい所で癒されたいと思う人が多いのだろう。

カフェも閉店まで混んでいたし、バスも混んでいた。



元気ですか?

今日は良い一日でしたか?

体調はどうですか?

風邪など引いてませんか?

寒さは大丈夫ですか?

帰り道、体を温めるのに、熱いココアを飲んで下さい。

最も君の事だから、毎日そうしているかもしれませんが。

身体を冷やさぬよう、注意して下さい。

明日もどうかお元気で。

君に笑顔がありますように。

お休みなさい。



池のべの 松の末葉に 降る雪は 五百重ふりしけ 明日さへも見む(万葉集巻八 1650 作者不詳)



☆今日のバス

484号車 13年式いすゞエルガ(LV234N3) 泉営業所



◎古代史探偵A(崇峻天皇暗殺事件①)


今から1,425年前の今頃、旧暦11月3日(新暦では12月15~20日頃)。

大和国・倉橋宮の宴庭では、百済からの使者が天皇に「調」を捧げようと儀式が行われようとしていた。

聞けば珍しい大陸の物や、鳥などを天皇に朝貢したいとのことであった。

天皇は32代崇峻天皇である。

宴庭には大臣蘇我馬子を筆頭に、諸豪族が顔を揃え、天皇は御満悦そうに庭に出てきた。

大きな箱に興味を持った天皇は近付き、包んでいる布を取るように命じた。

すると箱から出てきたのは、美しいクジャクなどではなく、きらりと光る刀を持った屈強な男が飛び出し、天皇にきりかかった。

僅か1分あるかないかの出来事であった。

男は突然天皇にきりかかり、腹部に止めを刺した。

天皇はそのまま倒れ、絶命した。

男はすぐに立ち去り、集まっていた人々は何が起きたかさえ分からず、シンと静まり返った。

「誰か!天皇様をお助けしろ!そして逃げた男を追え!」

呆然とする人々を我に返させたのは、大臣蘇我馬子の声であった。

途端に宮は大騒ぎとなり始めた。

しかし天皇は即死状態で、既に息がなかった。

舎人はがたがたと震え、采女は大声で泣きだした。

馬子は天皇の遺体に跪いて、合掌したが無表情であった。

そして馬子はすぐさま、飛鳥・豊浦に使者を遣わした。

豊浦には馬子の姪で、前々天皇の皇后・額田部皇女がいた。

(SLP) L566 / L566 CLUB [ホイール1本(単品)] 17インチ×7.0J CRIMSON LINEA (SLP) インセット:27 穴数:4 PCD:100



神武天皇以来、400年以上の歴史を持つ皇室において二人目の天皇暗殺であった。

一人目は5世紀の20代安康天皇である。

そして125代を数える現在まで、公式記録として在位中に暗殺された天皇はこの二人だけである。

崇峻天皇の本名は泊瀬部皇子と言い、29代欽明天皇の皇子である。

母は蘇我馬子の妹・小姉君で、兄穴穂部皇子と、姉に穴穂部間人皇女がいる。

この時実兄・穴穂部皇子はこの世にいなかった。

馬子と政治紛争をしていた物部守屋につき、30代敏達天皇が薨去した際、皇后であり異母姉の額田部皇女に、自らの即位を迫った。

それが馬子の逆鱗に触れ、蘇我と物部は武装闘争となり、その中で穴穂部も馬子によって誅殺されたのである。

敏達の後は、額田部皇女の実兄。大兄皇子が「用明天皇」として即位した。

厩戸皇子の父である。

しかし病弱で、即位後2年と経たずに崩御。そこで穴穂部皇子の身代わりとして、泊瀬部皇子が即位した。

物部が滅んだ後、政権は完全に大臣蘇我馬子が掌握し、崇峻は傀儡に近い天皇であった。

兄の身代わりとして、皇位について喜んだ崇峻だったが、馬子が用意した倉梯宮は飛鳥から離れていた Bellezza/ベレッツァ シートカバー プリウス NHW20 カジュアル S-LINE ホワイト。


    ↑倉梯宮のあった竜門山地(奈良県桜井市・宇陀市付近、ウィキペディアより)



元々皇子時代に居を構えていたこともあり、馬子は気を遣ってやったという風に宮を建てたが、馬子や厩戸皇子、諸豪族は飛鳥に集まっていた。

その為何をするにも、飛鳥と遣いのやり取りをしなければならず、政治的なことは常に「事後承諾」で届けられた。

即位して5年、崇峻は「飾り物」であることに気づき、事あるごとに都を倉梯に移すか、宮を飛鳥に移すよう馬子に催促したが,答えはいつも「天皇様はお気づかいなきよう。」と返事するのみであった。

崇峻は姉・間人皇女に、愚痴をこぼした。


「姉上、厩戸皇子に伝えて下さいませんか。宮を飛鳥に移したいと。大臣は我を何と思っているのか、このままではらちがあきません。」

しかし間人皇女はため息をつくだけであった。

馬子が姪で、旧皇后である額田部皇女と仲が良いのをよく知っている。

額田部皇女の母は、堅塩媛と言い、小姉君とは異母姉妹であった。

二人は同じく欽明天皇の妃であったが、姉妹の仲は悪かった。

と言うより、堅塩媛が一方的に嫌っていたと言ってもいい。

堅塩媛は後で言えば「皇后」の立場にあったが、小姉君の子も将来的には皇位継承権を持つ。

それが堅塩媛には気に入らなかった。

加えて子である額田部皇女も、皇位継承と言う点から小姉君の子、すなわち異母きょうだいを快く思っていなかった。

そこに穴穂部皇子が、喪中のさ中に皇位を譲れと脅迫して来たのである。

これで額田部皇女の心は決まった。

・・・あの者達に皇位は絶対渡さぬ・・・しかしながら厩戸皇子は叔父上が殊のほか可愛がっているし、なるほど聡明で賢い 19インチ サマータイヤ セット【適応車種:クラウンアスリート(210系 2.5L、ハイブリッド)】WEDS レオニス MX パールブラックミラーカット/チタントップ 8.0Jx19プロクセス C1S 245/35R19。小姉君を私が嫌っているのを知りながら、それを気にもせぬ。


ある日、馬子は彼女に言った。


「いずれは厩戸皇子を天皇にどうか。お前が息子の竹田皇子をと思っていたことは分かっているが、亡くなってしまった以上どうしようもない。蘇我の血を後世に伝えるには、厩戸皇子しかおらぬ。どうだ、お前には辛かろうが・・・。」

額田部皇女の子・竹田皇子は、先の物部との紛争で戦死していた。

いつかは竹田に・・と言う、母の思いは遂げられなかった。

今堅塩媛系の血筋を引く皇子で、将来を期待できるのは確かに実兄・用明天皇の子である彼しかいなかった。

「だが、厩戸皇子が即位するにはまだ早い。かといって、女であるお前が即位するには理由が必要だ。そのためには泊瀬部皇子を取りあえず即位させようと思う。」

「泊瀬部皇子ですって!?叔父上、気は確か?アイツは天皇になるほど立派な人物ではないわ。あの穴穂部皇子の弟よ?」

「落ち着け額田部。お前の言いたいことは分かるが、それでお前が即位する理由が出来る。

。だれも反対せずにな。悪いが、私に任せて欲しい シビック用 ガーニツシユASSY.リヤーライセンスシビック3D 74890-S03-J00ZG。」


・・・叔父上は一体何を考えてるの?・・・

物部が滅ぶ前後して、用明天皇が崩御し、泊瀬部皇子が崇峻天皇として即位した。

しかし諸豪族の覚えは、当初から悪かった。

政治に関して興味を持たず、具申しても生返事しかせず、何かと言えば狩りに出かけてしまう。

とにかく狩りが好きで、暇さえあれば山に出かけていた。

たまに仕事をするかと言えば、決済の署名をするぐらいで、それすらもいやいやながらするのであった。

・・・大臣の言ったとおりだ。残念ながら天皇はさっぱりやる気がないだけでなく、正直頭も悪い・・・

額田部にはそんな悪口が、時々聞えていた。

・・・でしょうね、子供の時から遊んでばかりの泊瀬部に天皇の仕事などできるわけがないわ。ただ皇子の立場で、勉学も武道もしたことがない・・・叔父上が言っていたのは、このことだったのかしら?


晩秋を迎えたある日、飛鳥は初雪が降った。

「道理で寒い訳ね、雪だわ。」

額田部が空を仰ぐと、突然使者が息を切らしてかけ込んで来た。

「何事です?」

「はっ、大臣より皇女にご伝言にございます。一刻程前、天皇が賊に襲われ崩御されましたっ!」

「なんですって!?」

聞けば朝貢の場において、突然一人の賊が現れて、天皇を刺殺したと言う。

賊の名は東漢駒と言う事であった。

名前に心当たりはなかったが、東漢氏は蘇我の配下にある氏族である。

恐らくは舎人だと思うが、なぜ舎人が・・・と思った瞬間、額田部はハッとした。

・・・叔父上だわ。

夕刻、再び使者が来て、芋峠の奥で東漢駒が捕まり、その場で惨殺されたと言う。

夜の帳が居り始めた頃、興に乗った馬子が現れた。

疲れた顔をしていたが、眼光は相変わらず鋭い。

額田部は人払いをして、自室に馬子を招き入れた。

「叔父上、どういう事なのです。きちんと説明して下さい。」

「皇女、既にお聞きになったであろう。駒と言う賊が天皇を誅殺した。捕まえて処刑した。」

「ゴマかさないで、東漢は蘇我の身内でしょう?」

馬子は額田部をじっと見つめた。

「まあ、お前なら分かるだろうな。実際には駒が暗殺犯人ではない。いや、そうだとしても誰ひとりあれが駒だったと言う者はいない。」

「?」

「駒は天皇の妃、河上娘に横恋慕したのだ。しかも手を出して、だ。妃に舎人が手を出すのは反逆だ。だから処刑した。」

「では天皇を殺した犯人は?」

「さあな、新羅か高句麗の間者かも知れん。」

「そんなウソ、私が信じると思って?」

「ウソではない、建前だ。駒は川上が入内する前から親しくしていて、好いていた。諦めきれずに手を出した。」

「まさか・・叔父上、それを餌に駒を・・・。」

「さあな。」

川上娘は馬子の子である。

「彼女は?」

「何も知らん。昨日から吉野に行幸させている。急に行きたいと言いだしてな パッソ[KGC30][H26/4~28/3]下記詳細要確認エスペリアSuper-DOWNSUSとダウンサスラバー【F/R】のSET品 代引不可。」

1か月前、宇陀で大きなイノシシが捕まり、天皇に献上された。

それは稀に見る大きさの見事なイノシシだったが、腕も良い狩人によって獲物にされた。

狩り好きの崇峻は、目を輝かせて喜んだ。

「これは素晴らしい。こんな大きなイノシシは見たことがない。さぞかし味もよかろう。狩人には手柄とせよ。それにしても、恐ろしいイノシシでさえ狩人の手にかかればこの通りだ。首をひと掻きで絶命する・・・ふん、あの憎たらしい誰かさんもイノシシと同じだ。虚勢を張っていても、首を掻けばこの通りだ・・・。」

崇峻は、にやつきながら呟いた。

傍にいた小手子妃は、その言葉にギョッとした。

妃は皇后扱いだったが、天皇は遊びに夢中で、夫婦愛は途切れていた DIXCEL/ディクセル ブレーキパッド タイプM フロント左右セット AUDI 100/100 AVANT 3.6/4.2 FSI QUATTRO/ 3.0 TFSI QUATTRO 年式06/10~09/10 2102704LBHKS/4LBHKA /4LBARS/4LBARA/4LCJTS/4LCJTL M1510007。

愛情を求めようとしても,時には無視されて、会話がなくなって久しかった。

先の呟きが、大臣の事を言っているのだ、とすぐに分かった。

何故ならここ1年、天皇はいつも不機嫌でイライラしており、大臣の悪口ばかりを言っていたのである。

「馬子め。吾を馬鹿にしおって・・・兄上の恨みを忘れると思っているのか。」

大臣と天皇の確執は既に世間に知れ渡っており、諸豪族は殆ど大臣よりであった。

もし天皇が大臣を抹殺しようものなら、天皇はもちろん、妃と子も抹殺されるに違いない。

今や馬子の権力は絶大であった。

小手子媛は大伴糠手子の娘で、大伴は蘇我の友好氏族である。

彼女は密かに倉梯宮を出て、飛鳥・島庄の馬子の館を訪れ、一部始終を話した。

馬子は目を瞑りながら、話を聞いていた。

「媛、よくぞ話して下さいました。この馬子、その勇気に敬服いたしまする。」

馬子は降頭した。

「大臣、どうか蜂子皇子と錦手皇女をお助け下さいませ。」

二人は天皇と小手子媛の間に生まれた子である。

「当然です。ご心配召されるな。天皇も虫の居所が悪かったのでございましょう。吾は天皇をお支えする立場。きちんとお話をしてみましょう。」

馬子は笑顔で小手子媛を宥めた。

しかし天皇は暗殺された。

暗殺の理由は最後まで明らかにされなかった。




日本書紀に見られる崇峻天皇の暗殺事件は、こうしたあらましである。

しかし単純に謎られているだけであり、事件の真相は全く描かれていない。

だがよく見ると、場面に「陰謀」が見え隠れする。

何故暗殺されたのか、その経緯はどうだったのか。

崇峻の後、事実上「初の女帝」となる推古天皇が即位する。先の額田部皇女である。

即位には、崇峻の暗殺が「どうしても」必要だったことが分かる。

この後、その検証をしてみたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧【Weather Tech直輸入正規品】TOYOTA トヨタHighlander ハイランダー2011-2013年ウェザーテック製 フードプロテクターフッドプロテクター(別名:バグガード)


月別リンク

ブログ気持玉

トラックバック(0件)
タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用)
タイトル
本 文

コメント(0件)
内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文
古代史探偵A 崇峻天皇暗殺事件①(12月20日 曇り時々晴れ 6℃) CRECHANのブログ 「風の道」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ: 大  中  小  閉じる {yahoojp} {67518498.at.webry.info}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-56527