>  > 【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス 223番 ホンダ ステップワゴン RG系 17/5~21/9 エアバッグ車
【クスコ CUSCO】レガシィB4 等にお勧め LSD type RS リア 1way(1&2way) 型式等:BM9 品番:LSD 183 F

マジェスタ UZS・JZS 17# リアスタイリッシュバンパー() MP PHANTOM GA-MU ブローデザイン

【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス 223番 ホンダ ステップワゴン RG系 17/5~21/9 エアバッグ車

【カルディナ ブレーキローター】Brembo ST191G 92/11~94/2 フロント用 09.5844.10

熱視線=伊豆南西部の大蛇伝説を検証(上)半世紀ぶり確認「蛇ケ挟」

2019年03月29日

17/5~21/9 ホンダ RG系 17/5~21/9 エアバッグ車 ステップワゴン 223番 【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス ステップワゴン

「蛇ケ挟」の巨大さが分かり、下には通り抜けられる空洞がある(左上写真)。3連続してある滝上で、下の沢からは見えない。垂直の崖が人の侵入を拒む=松崎町小杉原
転落した大蛇が挟まった(左側の隙間)という「蛇ケ挟」。海底火山の噴出物が隆起した?巨岩(上の写真の左端奥)
佐藤享さんの「じゃんさま」の屋号が刻まれる墓から望む。右端の小高い山が竜爪神社のある竜爪山。その左側の渓谷奥が「蛇ケ挟」。山を越えると池代になる=松崎町小杉原

 ■挟まり死んだ巨岩

 伊豆半島の南西部、松崎町と南伊豆町の一帯に大蛇伝説がある。大蛇にのまれた父親の敵を姉妹が討つという千年近く前の話だ。主な舞台は下田市と松崎境の婆娑羅峠[ばさらとうげ]に近い松崎町小杉原である。村人を苦しめた大蛇は姉の弓矢に射貫かれ、断崖から転落、大岩の間に挟まって身動きが取れず、もがき苦しみ息絶えたという。その蛇ケ挟[じゃばさみ](蛇腐[じゃぐされ]、じゃんさま)や大蛇の骨を葬ったとされる寺は今も残る。伊豆の伝説の中でもスケールの大きさは随一だ。ジオパークとも関連があり、伊豆半島ジオパークが4月17日に世界認定1周年を迎えるのに合わせ、伝説を検証した。(文、写真 森野宏尚)

 大蛇が挟まり死んだとされる「蛇ケ挟」を確認するため、地元の人らの協力を得て探し回った。60代後半~90代の人たちは「子どもの頃や青年時代に行ったきり。50年以上も山中に入っていない」と口をそろえた。

 小杉原の山本正臣さん(82)や加藤精一さん(72)は「竜爪山の山頂にある竜爪神社の真横か、少し奥に入った辺り。沢沿いに左岸を上流に向かった後、沢を渡り右岸にしばらく行った所」や「大きな岩が重なり合い、子どもの時分、その下に入った思い出がある」と記憶をたどった。和泉信一[のぶかず]さん(93)は「沢から少し登ったような気もする」。

 3、4度現地を訪ねたが分からず、「蛇ケ挟を知っている」という松崎町内で旅館「御宿[おやど]しんしま」を経営し NAP/ナップ O2センサー フレアワゴン MM32S、認定ジオガイドを務める佐野勇人[はやと]さん(49)に案内してもらった。おおよその場所は確認できたが 【SSR】 EXECUTOR EX05 (エグゼキューター EX05) 20インチ 11.0J PCD:120 穴数:5 inset:-8 ブラッシュド [ホイール1本単位] [H]、それらしい岩がない。佐野さんに蛇ケ挟の場所を教えた土屋真澄さん(67)=同町八木山=は「雨が降ると滝になる崖だが、今は地形が変わったか? 赤い水が流れ、大蛇の血と教わった」。

 土屋さんの父親で、以前は沢の最奥[さいおう]に住み、屋号が「じゃんさま」の佐藤享[きょう]さん(89)にも尋ねた。「蛇ケ挟や蛇腐の地名が残り、これが転化し、その近くに家があったため屋号が『じゃんさま』になったのだろう」と佐藤さん。同家の墓石には「じゃんさま」の銘が刻まれている。那賀川上流の明伏[あけぶし]川支流は地元で「じゃんさま川」と呼ぶ。

 佐藤さんも皆とほぼ同じ場所を示し 【送料無料】 205/50R17 17インチ YOKOHAMA ヨコハマ アドバンレーシング RCIII 7.5J 7.50-17 YOKOHAMA ヨコハマ エコス ES31 サマータイヤ ホイール4本セット、「若い頃、婆娑羅山の区有林に草刈りに行く時、年配者がここが蛇ケ挟と教えてくれた」。だが、

【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス 223番 ホンダ ステップワゴン RG系 17/5~21/9 エアバッグ車激安商品のご紹介

、沢沿いには何もなく、支流に3カ所ある滝の上が何かありそうで怪しい。ただ崖が切り立ち、危険で行けない。別の日にロープを持参して左に周回してアタックすると、ついに姿を現した。大きな岩が崖に落ち込み、下に空洞がある。「間違いなく、ここだ」と胸躍った。崖と大岩の間には大蛇が挟まったとみられる隙間もあった。合計7、8度現地に足を運び 、ついに蛇ケ挟にたどり着いた。確認されたのは半世紀ぶりか?

 ■多く残る伝説の地名 姉越山や妹が窪 BMW 3 Series E46 ホイール ナット【ガルビノ】BMW E46 2ピースラグボル 4本パック カラー:ブルー サイズ (60°テーパー) ネジ径:M14xピッチ:1.5x首下:35mm、手使段

 大蛇伝説について松崎町小杉原の長老・和泉信一さんは、祖父に伝え聞いた話を後世に引き継ぐため「當區ノ傳説(当区の伝説)・言レ」の表題で、「大蛇院ノ由緒」などを和紙に墨書きして残す。「昭和21(1946)年12月7日、和泉信佐[のぶすけ]より 孫信一記ス」の文字も見える。

 一方、76(昭和51)年に発行された元小学校長で、県文化財調査員などを務めた同町出身の船津好[よしみ]さん(故人)の「南伊豆へのロマンの旅」にも大蛇伝説が紹介され、大筋では似通った内容。だが、船津さんの方がより詳しく、歴史にも踏み込み、“物語”の壮大さは際立つ。

 松崎町教育委員会が2002(平成14)年に発行した「松崎町史資料編第4集 民俗編(下巻)」には、町内のお年寄りらに聞き取りした民話・伝説が収録され、多くの大蛇伝説が収められている。おおむね似た内容。また松崎史談会が1984(昭和59)年に発行した「松崎の地名」には大蛇伝説関連で蛇ケ挟、姉越山[あねごしやま](姉伏山、アネグス山)、手使段[てづかいのだん](てごいのだん)、妹[いも]が窪[くぼ]、大処[おおところ]、しんかいの段、池ノ段が載る。

 姉越山は明伏と小杉原の境にあり、姉が越えた山の名であろう▽手使段は大蛇が現れたのを見つけた妹が姉に手を振って知らせた場所▽妹が窪は五軒家(池代)の裏山で、姉越山と向かい合う。妹が潜んで大蛇を待った所▽大処は姉妹が大蛇に「逢うた処」から出た名か。昔は池があった▽しんかいの段は大蛇を退治し、親の敵を討った姉妹が本懐を成し遂げた「親懐ノ段」に結び付く名▽池ノ段は池代川上流の山地で、大きな窪地。池の跡で [44009-AK002] HKS OB-リンク TYPE-001 ムーヴ L902S JB-DET 01/10~02/10、昔大蛇がすみ、里人は池に影を落とさぬよう朝は西側、夕方は東側を周った伝えがある。

 このほかTBS系列のアニメ「まんが日本昔ばなし」で、「二つの月」=1979(昭和54)年放送=として放映された。大蛇の大きな光る目を「二つの月」に見立て、原話を演出、より物語性を持たせた内容だ。

 【写説】「蛇ケ挟」の巨大さが分かり、下には通り抜けられる空洞がある(左上写真)。3連続してある滝上で、下の沢からは見えない。垂直の崖が人の侵入を拒む=松崎町小杉原

 【写説】転落した大蛇が挟まった(左側の隙間)という「蛇ケ挟」。海底火山の噴出物が隆起した?巨岩(上の写真の左端奥)

 【写説】佐藤享さんの「じゃんさま」の屋号が刻まれる墓から望む。右端の小高い山が竜爪神社のある竜爪山。その左側の渓谷奥が「蛇ケ挟」。山を越えると池代になる=松崎町小杉原

各地の最新の写真
伊東
夜桜、幻想的に 松川遊歩道・ソメイヨシノ見頃―伊東
下田
「花咲くと母思い出す」 鈴木さん宅でシャクナゲ見頃―下田
中伊豆
DC開幕でセレモニー 反射炉点灯し音頭披露―伊豆の国市
熱海
天守閣背にソメイ咲く 熱海城

最新写真特集

【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス 223番 ホンダ ステップワゴン 215/55R17カムリ/クラウン/クラウンマジェスタ/シーマ/フーガ/ジューク/ステージア RG系 17/5~21/9 SPORTAGE エアバッグ車

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-45799