>  > [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 (BK/MC) 16インチ×6.0J PCD:100 穴数:4 インセット:44
クスコ スカイライン H(C)R32 MT LSD リア 標準デフ:ビスカス Type RS 1.5WAY(1.5&2WAY)

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 (BK/MC) 16インチ×6.0J PCD:100 穴数:4 インセット:44

[ホイール1本(単品)] ZZC CRIMSON / CLUB LINEA L566 (BK/MC) 16インチ×6.0J PCD:100 L747D 穴数:4 インセット:44

トップ > ライブハウス > ホーム(地元)のライブハウスを大切にして欲しい

ホーム(地元)のライブハウスを大切にして欲しい



NAP/ナップ O2センサー フレアワゴン MM42S
Twitter

Google

Pocket

つい先日、大阪十三ファンダンゴと長崎studio Do!の2つのライブハウスが立て続けに移転を発表しました。

 

【ファンダンゴから皆さまへ大切なお知らせ】

詳しくは下記HPをご覧下さい。
https://t.co/Wn3U4t84nb

— Live Bar FANDANGO (@FANDANGO_13) NAP/ナップ O2センサー AZワゴン CZ51SOctober 1, 2018

 

こんにちは。STUDIO DO!店長 楠田です。
本日は、皆様にお知らせがあります。
どうかこれからも宜しくお願い致します。 pic.twitter.com/NagzdrXhl9

— 長崎studioDo! (@Do_nagasaki) October 13, 2018

 

両ライブハウスとも、30年以上にわたって地元のシーンを支えて来た、その地元を代表するライブハウスです。

この記事を書いている恭平 a.k.a こども社長( @kyoopees )も、両方のライブハウスに足を運んだ事もあるし、(勝手ながら)思い入れのあるライブハウスです。

 

studio Do!の方は理由は明確にはされていませんが、ファンダンゴは「ファンダンゴの母体である駐車場が既に人手に渡っている事が判明」という旨が公式HPに記載されています。

両ライブハウスとも、「移転先は未定」としつつも、現住所での営業終了後、新天地での営業を目指しているそうです。

 

思い返せば約7年前の2011年8月、僕が店長を務めていたライブハウスWHOOPEE'S(京都・祇園)が閉店したのも、建物の売却が理由でした。

2011年8月25日の営業終了するその日まで、その先どうするかなんて考えていませんでした。

考えることなんてできませんでした。

 

今回はこの2つのライブハウスの移転(現住所での営業終了)ということをきっかけに、