>  > 6 GRAN COUPE パーツ フロント・ウインドー・サンシェード BMW純正部品 6A30 6B44 オプション アクセサリー 用品 純正
フロントマッドフラップセット 左右(2枚)セット SX4 S-CROSS YA22S スズキ純正 マッドガード マットガード 泥よけ パーツ 部品 オプション

6 GRAN COUPE パーツ フロント・ウインドー・サンシェード BMW純正部品 6A30 6B44 オプション アクセサリー 用品 純正

 フランツ親方は魔女の腰紐を引いて、処刑場に入っていった。

 魔女は若い貴族の娘で、あちこちに酷いあざがあり、顔が腫れ、片目がふさがりかけていた。

 足を引きずるように歩いている事から、伸ばし台の拷問に掛けられたのだな、と、フランツ親方には解った。

 拷問にフランツ親方は立ち会わない。事件の拷問は警使の役目であるし、魔女の拷問は最近作られた査問委員会の仕事なので、関わらない。

 首切り役人たるフランツ親方の仕事は、処刑によって咎人に罪を贖わせる事で、捜査ではない。あまりに酷い冤罪の疑いがある場合は、処刑人の誇りにかけて、刑場から差し戻す事も出来るが、担当した役人の面子がつぶれるので積極的には行使しない。

 魔女裁判にいたっては、魔女であるのか、

、そうで無いのかは、宗教家では無いフランツ親方には解らない事だ。

 

 広場には沢山の人々が集まっていた。

 熱狂的というよりは、困惑しているようなそんな雰囲気だった。

 ニュルンベルグで魔女が火あぶりにされるのは初めてだからだろう。他の都市だったら罵声や石が飛んできている所だ。

 娘が軽い咳をして TOYOTIRES トーヨー プロクセス T1 スポーツ PROXES サマータイヤ 205/55R16 ブリヂストン BALMINUM T10 ホイールセット 4本 16 X 6.5 +38 5穴 114.3、顔をあげて、フランツ親方の目を見た。

「わたし……。魔女じゃ無いんです」

 娘に小声でささやかれたが、フランツ親方は歩みを止めなかった。

「審問の差し戻し、も出来ますよ」

「……いえ、再審問は……、体がもたないと思います」

「そうですか」

「ごめんなさい、ただ、親方に、だけ知っておいて欲しいと、そう、思ったのです」

 娘はそう言うとはにかむように笑った。

 彼女の名をフランツ親方は知っていた。ヴィラという中堅貴族の娘だった。城の近くを明るく笑いながら歩く彼女を見かけた事がある。今は疲れ、うちひしがれ、手かせを重そうにして歩く彼女だったが、明るい金髪の色だけが、その時と同じに明るく綺麗だった。

「審問官の方が……、仲間の事を吐けと……、すごく責められました」

 ヴィラは立ち止まった、そして誇らしげに少し胸を張った。

「でも、言いませんでした、こんな事は私の所で終わらせるべきで、お父様やお母様を巻き込むべきじゃありませんもの」

 フランツ親方はヴィラの澄んだ瞳を見つめ、うなずいた。

「また審問されたら……、今度こそ、誰かを巻きぞえにしてしまうと思うのです。なので、親方の手を煩わせてしまいます」

 二人はゆっくりと歩き出した。

 柴が積まれた火刑台が近づいてくる。

「それだけはごめんなさい」

 フランツ親方は、どう声を掛けて良いかわからない。

 不正義があった、罪も無い娘が魔女として焼かれようとしている。

 処刑人の名において再審を求める事は出来る。だが、それをしたところでヴィラは審問中に死ぬだろう。屈辱にまみれ、これまで守ってきた大事な物を失い、土に帰ってしまう。

 

――こんな事は私の所で終わらせるべき。

 

 と彼女は言った。親方もそう思った。

 親方はヴィラを柱にくくりつける。司祭が長い十字架で彼女の頭をなでながら、祈りの言葉を贈る。

 柴をヴィラの近くへ置いていく。

「相談があります」

 小声でフランツ親方が言うと、ヴィラは小さくうなずいた。

「苦しまずに死ぬ方法があります。首筋の動脈を切れば、苦痛無く眠るように死ねます」

 どうしますか、と親方は目でヴィラに返答をうながした。

「ごめいわくでは……」

「問題はありません」

「お願い、します……」

 フランツ親方はうなずくと、柴を置くふりをして手の平に隠した小さなナイフでヴィラの首をかききった。傷を背中まで伸ばして、周りに血が見えないようにした。

「だんだんと意識が薄れます。あなたに神のご加護がありますように」

「ありがとう……ございます」

 ヴィラは親方に向けて微笑んだ。

 司祭の手によって、柴に火が掛けられた。しばらくして火は轟々と燃えさかり、ヴィラに襲いかかった。

 肌を火が焼く頃には、もう、彼女の息は無かった。

 悲鳴や恐怖のもがきを見たがっていた民衆は、あっけなく焼けていく娘をみて、少し落胆した。

「ああ、火が回る前に恐怖で死んだんだな。神は慈悲深い」

 野次馬が首をたれ、十字を切った。

 フランツ親方だけが、燃えていくヴィラをじっと見ていた。

 

――こんな事は私の所で終わらせるべき。

 

 その言葉だけが、何時までもフランツ親方の胸の奥でぐるぐると回っているかのようだった。

猿川西瓜「私のマキナ」

 私の――私だけのデウス・エクス・マキナ。私の見ている世界を導いてくれる。

 一本だけの枯れ木。たくさんの朽ちたロープがぶら下がっている。何の木だか、わからない。マキナが言えばその名の木になる。陽が、私の肌を焼く。日焼けはしない。赤く腫れて、水膨れして、少し膿んで、また白く戻る。

 私はマキナとつながったまま、二人で肩を並べて、枯れ木の根元に座っていた。私達は千年程前に滅んだ王宮の庭の片隅にいて 【要メーカー取寄】 HKS ハイパーマックス4 GT GS250(GRL11)用 対応年式:11/12-現行 [HIPERMAX IV GT][80230-AT005]、上空には時折、大きな鳥の翼を持った生物が自由に舞っている。群生する蓮の池では、永久機関のセキュリティが、ボトンボトンと不規則に音をたてて、未だ侵入者から王を守っている。

私はマキナとどんな風につながっている? わからなかった。ただ、マキナとある夢を楽しんでいた。マキナと夢を見ているということは、きっと心がつながっているに違いなかった。

「いつもいつも、たいへんですね」

 マキナは私の頭を撫でてくれた。

「たいへんなの。いつもいつも、私は忙しくて、することがたくさんあって、どうしようもないの」

「でも、あなたは――をしなければならない。すべての――のために」

 マキナはいつも同じことを言った。私はマキナが人工知能であるのか、神様なのか、人間なのかわからない。ただ、お風呂に入らなくても、何も食べなくてもよかった。

「――のために? じゃあ夢を見ようよ」

 私は、私だけが満たされていればよかった。誰にも迷惑をかけないし、そもそも「誰」がいない……。

 私はマキナの髪を撫でた。陽に照らされて、暖かかった。夏の始まりの一番好きな季節に エンドレス SSS リア左右セット ブレーキパッド マークX GRX130/GRX133 EP422 取付セット ENDLESS ブレーキパット【店頭受取対応商品】、どうして――のためにとか考えないといけないのか。それよりも、私はマキナとの今この時間を大切に守り続けたい……。

 マキナは聖母という言葉が陳腐になるほど、綺麗な存在だった。マキナの与えてくれる夢を、つながりの中で感じられればいい。マキナと一緒に暮らすことの出来る最低限のお金さえあればいい。こうやって二人でずっと座り続けて、老いて、腐り DUNLOP ダンロップ SP SPORT MAXX 050+ スポーツ マックス サマータイヤ 205/50R17 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-77R ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 5穴 114.3、溶けて、土に還りたい。

「休みはもう、終わりでしょうに」

 マキナは立ち上がり、つながりを断った。私の頭の中に [KYB] カヤバ ショック NEW SR SPECIAL フロント右 1本 ウェイク LA700S 14/11~ 2WD 送料1000円(税別) ※北海道・沖縄・離島は送料別途、ザーッと風が吹いた音がした。草を凪ぐような音もした。

 私は、「もうちょっと、マキナとつながっていたい」と、肩を落とした。

 マキナは「行ってらっしゃい」と微笑んだ。

「マキナ。帰ってきたら、すぐにつながろうね」

 私はいつも言う。マキナはいつも頷く。

 崩れた王宮の中に入って仕事着に着替えた。どれだけ蔦や埃で風化しても、大理石に刻まれた剣や弓のへこみの痕は相変わらずだった。王宮の門まで来ると、階段が下界へと続いている。いつもここでマキナに見送ってもらう。

「あら」

 私が働きに行こうとする途中、マキナは空を指さした。

「ほら、今日もまた、飛んでますね……」

 マキナは彼らに手を振った。

「ダメ! ゴミ屑に挨拶しちゃ」

 マキナは微笑んだまま「なぜ? どうして」と言った。

「あいつらはね、人間であることを捨てた、捨てる身分にあった、捨てたい気持ちに逃げた、最低のクズなのよ。臆病者のくせに、私達を見下ろして、馬鹿にすることを囁いているの。人の話を聞かないあいつらの汚物は全部私達に降り注ぐのに、彼らは内心であざ笑っている。多分……いや、絶対そうに決まってる! 翼の生えた動物に成り果てた人は、マキナを汚すことしか考えないよ。関心を持っちゃダメ」

「そう……」

 私が「失せろ!」と、叫ぶと、翼の民は階段の上空から離れて、王宮の屋根を越え 、森の向こうにある巨大な塔の方へ去って行った。

 私はマキナの手を握って、引っ張った。額と額をくっつけて、「あなたは……マキナ……誰にも渡さない……」と小さく呟いた。

 マキナは「はーい」とおおらかに笑った。

 階段で幾度も振り返りながら、私は下界の都市へと働きに出かけた。

 そして、陽が暮れた頃に帰ってきたら、マキナの姿は消えていた。

 蓮の池はなぜか涸れていた。セキュリティがめちゃくちゃに壊されていたが、マキナを守るために作動した形跡はなかった。名も知らぬ枯れ木だけは名も知らぬ赤い花をつけて満開になっていた。「綺麗……」と思って近付くと私達が座っていた所に大量の糞尿が落ちていた。その糞は、下界に続く階段へではなく、反対の方向に落ちていっていた。森の中へと点々と続き、

6 GRAN COUPE パーツ フロント・ウインドー・サンシェード BMW純正部品 6A30 6B44 オプション アクセサリー 用品 純正

、その先の塔へ……。

添田健一「鳳翔太白山祈雨縁起」

 

空木春宵「Wish You Were Here」

概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
(c) unjyou_kairou all right reserved. since 1999/8/16
ログイン ログアウト | 編集
Jimdo

あなたもJimdoで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から

  • 6 GRAN COUPE パーツ M1510009 フロント・ウインドー・サンシェード BMW純正部品 6A30 6B44 オプション アクセサリー ミラ・ミラアヴィ(ブラッキースモーク)用オックスシェイダー【代引き不可商品】 用品 純正

    トップへ戻る
{yahoojp} {gencolle.jimdo.com}