>  > RG/レーシングギア HSダンパー HS-A03S ホンダ インテグラ タイプR DC5 2001年07月~2007年02月

タイプR ホンダ HSダンパー DC5 インテグラ 2001年07月~2007年02月 HSダンパー ホンダ HS-A03S RG/レーシングギア

ちょっこら聞いて、ことばの話[Vol.36]


RG/レーシングギア HSダンパー HS-A03S ホンダ インテグラ タイプR DC5 2001年07月~2007年02月

 「こたつにみかん」といえば冬の定番だ。しかし、わたしはあまりみかんに手を出さない。給食にみかんが出たときには、わたしが食べるところを子どもたちはじっと見ている。みかんを食べるときの顔がおもしろいからだという。じつは、人一倍酸味を敏感に感じるわたしは、普通の人にはほどよい甘さのみかんも、たまらなく酸っぱいのだ。「ううっ サマータイヤ アルミホイールセット 新品 4本SET ◆ウェッズ クレンツェ グラベン 680エボ Weds krenze Graben 680EVO◆225/45R19 19インチ (225-45-19)新品特選輸入タイヤ バランス調整済み! パーツ、すっけー」ということばが思わず出てくる。こんなときとっさに出てくるのは [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L612 (PWH) 20インチ×13.0J PCD:112 穴数:5 インセット:49、やっぱり方言だ。スッケー(スッカイ)は「酸っぱい」の方言である。


 『日本言語地図』で「酸っぱい」の方言分布を見ると MONROE モンロー オリジナル アルトハッスル CS22S CR22S CM22V CL22V フロント 左 ショックアブソーバー、大きく分けてスッカイ・スッパイ・スイの3種類がある。北海道・東北から新潟、茨城ではスッカイが広く分布しており ブリヂストン POTENZA Adrenalin ポテンザ アドレナリン RE003 サマータイヤ 245/40R18 阿部商会 MAK STOCKHOLM ホイールセット 4本 18インチ 18 X 8(B63) +55 5穴 108、関東はスッパイ、中部から西は九州・沖縄までスイ・スイー・スイカ・シーサンなどのスイ類が分布している。この3種類の中で一番古いのはスイだろう。スイは、

RG/レーシングギア HSダンパー HS-A03S ホンダ インテグラ タイプR DC5 2001年07月~2007年02月,[#tong##]

ハイブリッド スポーツモデル サスペンションパーツ 車高調整式 ショックアブソーバー KIT 本田 HONDA 本田技研工業 RACING GEAR れーしんぐぎあ 辰巳屋興業 automobile motorcar オートモービル モーターカー カー 車 自動車 車両『街乗り』と『サーキット』両方の走行を楽しむためのダンパー街乗りとサーキットを両立することができるハイブリッドダンパー。単筒式・複筒式の二つのショック構造から車両特性に合わせ、最適なショック構造を選んで採用しています。構造:単筒式(MONO TUBE)アッパー形状:F/ピロボール、R/ゴムブッシュ基本スプリング/内径 (mm):F/65、R/65基本スプリング/自由長 (mm):F/175、R/150基本スプリング/レート (kgf/mm):F/10、R/14推奨スプリング 変更範囲 (kgf/mm):F/6~16、R/6~16商品の詳細な情報については、メーカーサイトでご確認ください。こちらの商品は適合確認が必ず必要です。カートに入れた後、注文フォームの備考欄に車輌情報をご入力ください。車輌情報がありませんと、再度車輌情報をお伺いする場合もあり発送にお時間がかかりますのでご協力の程宜しくお願いいたします。

、ス(酢)という名詞に形容詞の語尾シが付いたスシから変化したものだ。ちなみに、このスシはお寿司の語源でもある。語源研究者の吉田金彦氏によると、江戸時代半ばまでは「鮓」の字が一般的だったが、天保年間ににぎりずしができ、その種にマグロを使って大評判になり「鮨」の字に変わったという。現在一般的になっている「寿司」という字は江戸時代中期から縁起のいい字づかいとして始まったもので 【D702】ムーヴカスタム [H14/9-H18/9][L150S / L152S / L160S] カジュアルG ライトグレー Bellezza ベレッツァ シートカバー、本格的に見られるようになるのは明治以降だという。字がいろいろあっても、ことばは初めに音ありき。お寿司の語源は形容詞スシが名詞化したということだ。話を「酸っぱい」に戻そう。スッカイの語源は、ス(酢)にカユシ(痒し)がついたスカユシ(酢で舌がかゆい感じがする)だ。このスッカイとスイ類の2つが接触し対峙していた関東でスッカイを母胎として生まれたのがスッパイだ。スッパイの「パイ」はこの地方に分布する意味の近いショッパイも触媒となったのだろう。同じ意味の2つのことばが地理的に接触し不安定になったので、トラブル解消のために第三の新しいことばが生まれたのである。スッパイは関東生まれのため、勢力を得て現在は共通語になっている。


 子どものころ、酸っぱいものが苦手なわたしに友だちが何かとよく聞いてきた。
 「みがん、すっけべー?」「すっかぐね。食わいる」
 「この梅干し、すっけべー?」「ちんと 、すっけなあ」
 「きゅうりもみ、すっけべー?」「すっけげんちょ、んめえなあ」
 「グレープフルーツジュース、すっけべー?」「このぐれ大丈夫だ」
 気にしてもらえるのはうれしいが、ときどき、食べ物や飲み物の名前を省略して聞かれることもあった。「すっけべー!」。それは、聞かれているというより、何か別な意味で言われているような気がしてきて恥ずかしかった。


 ※『日本言語地図』(国立国語研究所)、『方言の読本』(小学館)、

RG/レーシングギア HSダンパー HS-A03S ホンダ インテグラ タイプR DC5 2001年07月~2007年02月

、『衣食住語源辞典』(東京堂出版)を参考にした。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-57080