>  > 【品質重視】 HIDキット 55W超薄型 HB3 6000K 12V/24V 交流式 デジタルバラスト&最高級バーナー

九州の釣り人が投稿する釣り情報サイト

18インチプリウス30系 全グレードWEDS レオニス WX ハイパーシルバーミラーカット 7.0Jx18ZIEX ZE914F 225/40R18

【品質重視】 HIDキット 55W超薄型 HB3 6000K 12V/24V 交流式 デジタルバラスト&最高級バーナー

2019年4月5日(金)更新

【品質重視】 シートカバー HIDキット 55W超薄型 HB3 フロント左右セット 6000K 12V/24V 交流式 デジタルバラスト&最高級バーナー

チヌ・タケノコメバル・コノシロ

宇島港では九電発電所周辺、及び沖一文字でフカセのメイタ・チヌが続釣中。まだ低水温で推移していることもあり、型狙いというよりは数釣り主体で楽しめる。良い人で5 ~10枚。サイズは30 ~ 43cm。港のテトラ周辺では根魚の魚影も濃く、ライトタックルでタケノコメバルなどを狙ってお土産を確保できる。特に夜釣りで数釣り。ライフジャケットは必ず着用して釣行すること。中津港では、徐々に春の雰囲気が漂っている。港内ではサビキでカタクチイワシやコノシロがぽつぽつ。4月下旬にはかなり数釣りが楽しめるようになるだろう。フカセのメイタ・チヌは新波止を主体に30 ~45cm級が、良い人で3 ~ 10枚。4月6日には沖一文字への渡船も始まるので、沖一文字への釣行も計画に入れておこう。山国川河口では、ルアーのセイゴ・フッコがぽつぽつとアタり始めた。まだ本格的なシーズンとは行かないが、練習がてら釣行するのもあり。水温が上がり始める時間を見計らって出掛けよう。


豊後高田〜国東方面

チヌ・メバル・セイゴ

国東半島一帯は、ライトルアーでメバルやホゴが順調。日ムラがありながらも夜釣りで調子良く、18 ~25cm級の数釣りが楽しめる。もうしばらく楽しめそうなので、まだメバルを釣っていない人はラストチャンス。また、できるだけ前もって釣り場の状況を把握した方が、釣果が伸びるのでオススメ。各河口では、ルアーやエサ釣りでセイゴやフッコが上向き。水温の上昇と共に活性が上がりそう。4月に入って寒の戻りがあったものの、再び気温も上向いてくるので、これからに期待。フカセのメイタ・チヌは、長崎鼻や香々地港、伊美港などで順調。そろそろ40cmオーバーの良型も増えそうな気配。乗っ込み個体も増えつつある。国東港、武蔵港では、テトラ周辺でメバルやホゴが続釣中。ルアーでもエサ(モエビなど)でも釣れる。ルアーはプラグも用意しておくと、食いの悪い時の手助けになる。フカセのメイタ・チヌが、徐々に上向いているので、そろそろ本格的に乗っ込みチヌを狙ってみよう。


杵築〜別府方面

アジ・チヌ・クロ・メバル

寒の戻りがあり、水温が上がり切れない日が続いている。真那井港や大神漁港では、フカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。散発的に年無し級も交じる。チヌは日出港でも上向いており、これから乗っ込みの型狙いも望めそう。サビキのゼンゴ・アジは、日ムラがありながらも朝・夕まずめに数釣りができる。潮は大潮より中潮~小潮の方が釣り易い。タナの調整をこまめにして、一度に数匹掛けられるようにした方が効率の良い釣果となる。亀川漁港~国際観光港にかけて、フカセのメイタ・チヌが上向き。メイタサイズ主体の中、散発的に40cmオーバーが交じり始めた。港内ではサビキや遠投カゴでアジが順調。

【品質重視】 HIDキット 55W超薄型 HB3 6000K 12V/24V 交流式 デジタルバラスト&最高級バーナー

【リレーオプションについて】
  こちらのHIDフルキットはバーナー、バラスト共に12V/24V両対応ですが、リレーは12V専用、24V専用と分かれております。
  リレーオプションをお付けになられる際はV数の選択にご注意下さい。
クリスタルガラス最高級バーナー採用!超薄型55W 高級HIDフルキット 12V/24V
キット内容
   55W超薄型デジタルHIDバラスト×2
   55W-70W対応HIDバーナー×2
   ※型番は商品タイトルでご確認ください。
   取付パーツ
   取説、保証書(日本語)

 防水仕様(防水試験済み)

 カプラーオンで簡単取り付け

 点灯確認及び検品済みです。
 点灯しない場合などサポートさせて頂きます。

【世界の自動車メーカーで純正品として採用されている製品と同等クラスの商品です。】

 バラスト、バーナー等すべてのパーツが『メーカー1年保証付き』で安心です。

商品情報
HID XENON(キセノン) 最新モデル HID CONVERSION KIT
55W 薄型デジタルHIDフルキット 12V/24V用
セット内容 55W薄型デジタルバラスト×2
55W-70W対応HIDバーナー×2
取付パーツ類、取説、保証書(日本語)
特徴 <<バラストについて>>
ICチップ搭載高性能交流式のデジタルバラストで高効率!
薄型バラストで省スペース設置。
W数に応じた専用設計のデジタルバラストを採用、3時間の水中点灯試験、耐震、耐熱等あらゆる試験をクリアした最新モデル。
長期間色々な製品の試験を繰り返した最高品質の製品です。
今もなお、マイナーチェンジをしながらもロングセラーの信頼できる製品です。

<<HIDバーナーについて>>
安定性、防水性、耐震性、色などの試験を確実に実施しています。
世界の自動車メーカーで純正品として採用されている製品の製造工場を任されている会社で、純正同等クラスのバーナーは、UVカット加工が施されたクリスタル(石英)ガラスの最高級品質です。
カプラーに差し込むだけの簡単装着。
オプション リレーなしでも点灯します。
ただ、お車によって電圧が安定しないときに、リレーをお使い頂く事によりライトの光を安定させることが可能です。
後に単品でご購入されるより、キットのオプションとしてお求め頂くほうが大変お買い得になっていますので、念のためにオプションでご購入される方が多いです。
安心 すべて点灯確認及び検品済みです。
点灯しない場合などサポートさせて頂きます。
故障の場合も『メーカー1年保証付き』で安心!
北海道・沖縄を除き送料無料でお届けします。
北海道・沖縄は500円での発送となります。

。潮次第でまとまった数釣りが楽しめるので、家族にオススメ 。別府一文字では、春の雰囲気満載。ぽかぽか陽気には、のんびりと沖一文字での竿出しが最高のシチュエーションとなる。順調なのは、サビキや遠投カゴのアジ、フカセのメイタ・チヌ。クロもまだ釣れている。根魚のメバルやホゴも数釣りを楽しめるので、ライトタックルで狙うのも面白い。


大分〜佐賀関方面

アジ・チヌ・メバル

いよいよ4月に入り、本格的な春釣りのシーズンへ突入。西大分港~ 5号地テトラにかけて楽しみな釣りと言えば、やはりフカセの乗っ込みチヌ狙い。まだ水温が上がり切れていないこともあるが、徐々に上向いて来る時期。様子見釣行はマメに行って状況を探りたい。この時期はチヌ以外にもアジやサバの回遊も多いので、夕まずめ以降はソチラにスイッチしてお土産確保も楽しめる 【ベレッツァ Bellezza】アコードワゴン (5人乗) 等にお勧め カジュアルシートカバー 型式等:CE1 / CF2 品番:H020。カゴ釣りにするのもあり。大分川・大野川河口では、少しずつルアーでスズキが上がっている。まだセイゴ・フッコクラスが多いが、徐々にランカーサイズも釣れ始める頃。ダムのワカサギ釣りは4月に入って終了。上流の渓流釣りは支流を中心にルアーやエサ釣りで順調をキープ。最近は雨も少なく落ち着いて竿出しができる模様。25cm級の良型に交じって尺クラスもぽつぽつ。乙津・家島周辺では、河口を中心にサビキや遠投カゴでアジが順調。時間帯によってはアタリが出ない時もあるので、合間にブラクリで根魚を狙うのもあり。大在・日吉原公共ふ頭では、サビキや遠投カゴでアジが順調。短時間で数匹釣れるので、お土産確保には丁度良い。フカセのメイタ・チヌは、本格的に狙えるのはもう少し先になりそうだが、様子見釣行はしておきたい。際のカワハギやメバル、ホゴ等もぽつぽつと釣れる。坂ノ市一文字では、フカセのチヌが上向き。水温が低いので、底ダナを狙うのが基本。マキエも底に溜められる比重の高い集魚剤を混ぜておきたい。パワーファイトを楽しみたいのであれば、カンダイ狙いもまだできる ブリヂストン REGNO レグノ GRV2 サマータイヤ 225/55R17 MANARAY VERTEC ONE Eins-1 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 5穴 114.3。青物は一時期に比べるとアタリが減ったものの、散発的なアタリはある。ゴールデンウィークにかけては、アジ・サバ釣りにも期待したい。佐賀関方面では、金山港~一尺屋にかけて、地磯ではメバルが続釣中。尺クラスの良型も交じって楽しめる。日中より夜釣りの方がサイズアップする傾向。まだ気温が低い日も多いので、防寒対策をして暖かい服装で釣行しよう DUNLOP ダンロップ SP SPORT MAXX 050+ スポーツ マックス サマータイヤ 215/50R17 WEDS ウェッズ Leonis レオニス CH ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +47 5穴 100。水の事故が増えています。釣りをする時は、必ずライフジャケットを着用すること。港内ではサビキのゼンゴが続釣中。時間帯によっては数釣りが楽しめる エンドレス SSY リア左右セット ブレーキパッド アベニール/アベニールサリュー PNW10 EP263 ENDLESS ブレーキパット【店頭受取対応商品】。コノシロも交じり、これからは日中でも数釣りができるようになるので、家族にオススメ。


臼杵〜津久見方面

アジ・チヌ・カマス・メバル

臼杵フェリー乗り場では、フカセのメイタ・チヌが上向き。20cm級の小型が多いが、散発的に45 ~ 50cm級も出る。日ムラがありながらも、朝・夕まずめはアジの回遊もあり、サビキやカゴ釣りで狙える。板知屋港では、一時期に比べるとかなりアタリが少なくなっており、釣り人も減少傾向 【ズープロジェクト ZOO PROJECT】アコードワゴン 等にお勧め OXフロントシェイダー / ブラッキースモーク 型式等:CF6・CF7・CH9・CL2 品番:FS-19B。先週は北風が強かった影響もある。気温が上がってくれば、また調子も上がって来るだろう。風成港では相変わらずカマス釣りが順調。少し方は小さくなりつつあるが、それでも25 ~ 30cmも交じる。泳がせてスズキや青物がアタックしてくるので、ソチラを専門にして狙うのもあり。坪江港以東では、メバリングが順調。特に地磯周りでは30cm級の良型も交じる。そろそろ荒食いに入る時期なので、大型の確率も上がってくるだろう。津久見方面は、浦代港や伊崎港でフカセ・カゴ釣りのアジが順調。時間帯によってはかなり数釣りができる。乗っ込みチヌの魚影も濃くなっているので、チヌ狙いも面白い。四浦半島方面では、メバリングによる根魚が続釣中。ホゴ交じりで尺メバルを狙うチャンス。これからは大型狙いにシフトしよう。


上浦〜蒲江方面

チヌ・クロ・アジ・青物

佐伯方面では、フカセのメイタ・チヌが上向き。港内ではアジの回遊もあるので、良型狙いで楽しめる。特に朝・夕まずめに型が望める。大入島では、波止からフカセのチヌが上向き。すでに年無し級も上がっており、乗っ込み最盛期。記録更新は、やはり沖波止か? 地磯周りではメバリングやアジングが楽しめるので、朝から一日中竿を振るのも良し。逆に夕方に渡島して、朝まで釣るのも良し。鶴見半島では、大崎港や二股港、トギレ方面でフカセの乗っ込みチヌが本格的にシーズンイン。腹パンパンのチヌが増えており、まさに最盛期。半島の磯に瀬渡しして狙うのもあり。チヌは米水津の波止・地磯でも順調。また、乗っ込みチヌのメッカ蒲江でも大型が釣れている。磯釣りでは、チヌもポツポツと交じるが、4月にしてはクロが良く釣れている。

【品質重視】 HIDキット 55W超薄型 HB3 6000K 12V/24V 交流式 デジタルバラスト&最高級バーナー

。まだ40cmオーバーも釣れているので、週末は磯釣りを楽しんでみては如何だろう?


つり太郎WEB内を検索

Copyright ©【品質重視】 HIDキット 55W超薄型 HB3 6000K 12V/24V 交流式 デジタルバラスト&最高級バーナー All Rights Reserved. (c) TuriTALO All Rights Reserved

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-8883