>  > KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツ1台分セット ホンダ N BOX JF1 品番:WST5683R/WST5683L/WSF1340

KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツ1台分セット ホンダ N BOX JF1 品番:WST5683R/WST5683L/WSF1340

品番:WST5683R/WST5683L/WSF1340 ショックアブソーバー JF1 品番:WST5683R/WST5683L/WSF1340 ローファースポーツ1台分セット ホンダ N BOX BOX KYB(カヤバ)

バックナンバーはこちら

【クスコ CUSCO】フォレスター 等にお勧め LSD type RS フロント 1.5way(1&1.5way) 型式等:SG5 品番:LSD 180 C15

KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツ1台分セット ホンダ N BOX [F398/R388] JF1 品番:WST5683R/WST5683L/WSF1340 SCCタイヤチェーン

2018 Mar. vol.109

脅威モデルとリスク・アセスメントによるデバイスのセキュリティ要件定義

シノプシス セキュリティIPプロダクト・マーケティング・マネージャー Dana Neustadter

はじめに

セキュリティ攻撃、不正侵入、悪意のあるランサムウェアなどが急増する現在、設計者は製品とエコシステムのセキュリティを確保する必要性に直面しています。 本稿では、現在一般的な脅威の種類について述べた後、脅威および関連するリスクを評価して対策の必要な脅威を見極める方法、およびこれら攻撃を防ぐ上で推奨されるセキュリティ対策についてご紹介します。 セキュリティ実装は、ソフトウェア設計、ハードウェア設計、物理設計を組み合わせて製品の中枢部であるSoCの設計に組み込んでおく必要があります。

脅威の種類

セキュリティの脅威はいくつかのカテゴリに大別できます。1つはリモートまたはローカルで行われる非侵入攻撃、そしてもう1つは物理的手段による侵入攻撃で、その中にはデバイスの破壊を伴うものもあります。 これらの攻撃は特定の資産を手に入れたりサービスへのアクセスを妨害することを目的に行われ、その背景には攻撃者の自己顕示欲や、企業や政府の機密情報や金銭を奪うといった動機が存在します。 図1に示すように、各種の攻撃にかかるコストおよび労力と、その完全なセキュリティ対策にかかるコストおよび労力との間には相関関係が存在します。

図1:脅威の種類

通常、デバイスのエコシステムへの攻撃はリモート攻撃から始まります。また、特定のプロトコル実装に存在する既知の脆弱性は、比較的入手の容易なスクリプトによってしばしば攻撃の対象となります。 攻撃者は暗号化されていないトラフィックを監視してシステムに関する情報を入手した後 CUSCO LSD type-MZ 2WAY インプレッサ GRF クスコ ビスカス 、攻撃をエスカレートさせてデバイスの制御を奪おうとします。個々のデバイスの制御を奪う方法としては、 バッファ・オーバーフローや認証手法の不備を突くのが最も一般的です。

ひとたびデバイスへのアクセスを許してしまうと、ユーザー・データ、暗号キー、あるいは独自アルゴリズムといった知的財産などの資産が攻撃者に盗まれてしまいます。 攻撃を受けるデバイスや資産の種類によっては、エコシステムに壊滅的な影響が及びます。

更に高度な攻撃としては、システム・ファームウェアの置き換えがあります。通常なら、この攻撃の影響は次回のブート・サイクルまでの一時的なものですが、 SoCにセキュアなブート認証プロセスが実装されていないと、通常のファームウェア更新手順を利用して永続的にファームウェアが置き換えられることもあります。

図2:非侵入攻撃の脅威アセスメント

攻撃者がデバイスに物理的にアクセスできる場合は、更に多くの種類の攻撃が可能です。これには非侵入型の受動的攻撃もあれば エスティマハイブリッド 後期 【グレード:X】 ZERO(ゼロ)フロアマット H24/5~ AHR20W 【ラバーマット】(自動車 フロアーマット カーマット)、侵入型の攻撃もあり、場合によってはデバイスの破壊を伴う攻撃もあります。 非侵入攻撃には、JTAGやロジック・アナライザを使用したバス監視、ポート・スキャン、GPIOマニピュレーションなどがあります。更に高度な非侵入攻撃としては、電力/タイミング解析によるサイドチャネル・アタックなどがあります。
ローカルで実行されるもう1つの物理的な侵入攻撃として、デバイスのステートを変化させる故障注入があります。この攻撃により、DoS(Denial of Service)やデバイスの意図しない挙動を招くことがあります。

侵入攻撃には特殊な装置が必要なため、より多くのコストがかかります。これには、ICの分解、エッチングによる半導体基板層の除去、走査型電子顕微鏡による暗号キーやデザイン・ロジックの解析などがあります。

脅威モデル

SoCのセキュリティ要件定義ではまず、製品に適用される利用モデルと脅威モデルを理解することから始めます。 ただしSoCデザインは同じものがさまざまな市場の多くの製品に採用され、利用モデルが多岐にわたるため 送料無料 トーヨー プロクセス C1S 195/65R15 195/65-15 4本 激安SALE プリウス ヴォクシー エスクァイア アイシス セレナ ステップワゴン、この作業は容易ではありません。 そこで、設計者はSoC、デバイス、エコシステムに対して脅威/リスク・アセスメント(TRA)を十分に実施することが推奨されます。TRAを実施する際の方法論はいくつか公開されています。 また、この手順をウォークスルー形式で実際に立ち会って実施してくれる専門の企業もあります。一般に、これは以下の4つの手順で行います。

  • アセスメントの範囲を決め 【T340】RAV4 [H20/9-H28/7][ACA31W / ACA36W] ワイルドステッチアルファ ライトグレー Bellezza ベレッツァ シートカバー、資産を洗い出す。
  • 資産に対する脅威を特定し、その影響と発生確率を評価する。
  • 実装した保護機能に基づいて脆弱性を評価し、リスクを算出する。
  • リスクを許容可能なレベルに抑えるために必要な追加の保護機能を実装する。

すべての資産に、その機密性、可用性、完全性に関する1つまたは複数の数値を割り当てて分類します。TRAプロセスは1回限りのものではなく、継続的なプロセスです。 TRAプロセスを開始したら定期的にレビューを実施し、現在実装している保護メカニズムがセキュリティ要件を適切に満たしていることを確認する必要があります。
リスクを評価する際、設計者は攻撃の動機、およびシステムへの侵入に必要なツール、装置、スキル、時間、資金、更には攻撃が成功する確率を考慮に入れる必要があります。 一般に、システムに侵入するのにかかるコストが成功の見返りよりも大きければ、わざわざそのシステムを標的にする攻撃者はいません。

しかし新しい攻撃モデルやツールが考案され、その攻撃手法が広く知れ渡ることもあります。また、装置やツールの価格が低下すると攻撃のコストも低下します。 したがって、

、上述した脅威の分類は時間とともに変化します。どれだけ高い耐タンパ性を備えたデバイスでも、低コストの新しい攻撃方法が見つかれば、その時点で容易に侵入を許してしまう可能性があります。

攻撃によって生じる損害と影響をシステムの観点から測定または評価することはきわめて困難です。 損害としては、デバイスの故障、サービス中断 【割引クーポン配布中】AUTBAHN/アウトバーン 広角ドレスアップサイドミラー ゴールド プリウス/ZVW50系 年式15.12~ 商品番号:T78、金銭的損失、ブランド価値の失墜などさまざまなものがあります。潜在的な損害を評価する際、

KYB(カヤバ) ショックアブソーバー ローファースポーツ1台分セット ホンダ N BOX JF1 品番:WST5683R/WST5683L/WSF1340

、システム設計者はこれらの影響を理解しておく必要があります。

カテゴリートップ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-68954