>  > [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 (BK/MC) 16インチ×6.0J PCD:100 穴数:4 インセット:32

●陶芸教室の料金を6/1より改定致します。詳しくは「陶芸教室」ページをご確認ください。

●陶芸教室直通番号ご利用ください(TEL/FAX 079-506-6027)

●レストラン『獅子銀』定休日:毎週木曜日

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 (BK/MC) 16インチ×6.0J PCD:100 穴数:4 インセット:32

HOME > 丹波焼について > 製法

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / - CLUB LINEA オーディオ L566 (BK/MC) 16インチ×6.0J PCD:100 穴数:4 インセット:32

L566 CLUB / / [ホイール1本(単品)] LINEA 16インチ×6.0J PCD:100 インセット:32 CRIMSON 穴数:4 (BK/MC) LINEA

陶土

陶土は、四ッ辻粘土(三田市四ッ辻の山土)、弁天黒土(JR篠山口駅周辺の田土)又はこれらと同じ材質のものを使用します。
丹波焼の陶土として、伝統的に使用されている原土は山土と田土ですが、このうち古来主体として用いられてきたのは山土で、田土の使用は登り窯時代に入った江戸時代の初めごろからといわれています。
原土の採取地(土取場)は時代が進むとともに移動し、穴窯時代は窯場周辺の山から、大量生産が行われるようになる登り窯時代に入るころからは、原土を他地に求めるようになりました。

山土

三田市西相野周辺一体広範囲の土取場から採取され、現在は三田市四ッ辻の山土が使用されています。

田土

当初三田市藍本周辺から採取されましたが、次第に北部に移動し、古市を経て弁天(現篠山市丹南地区)の田土が主に使用されるようになり、現在に至っております。
採掘は、いずれも露天掘りで、以前は持ち帰った原土を各窯元ごとに、篩(ふる)い・水簸(すいひ(土こし))による精製を行い陶土に仕上げていましたので、陶土の精製は、陶器生産の約半分の手間を要する難作業でしたが、昭和38年(1963)組合経営の坏土工場が稼働するようになってからは、個々の窯元では行われなくなりました。

成形

成形は、ロクロ成形(円形状のもの)が中心ですが、他に角形や置物などの形の複雑なものは、鋳(い)込み成形(石膏(せっこう)型による)が行われ、その他たたら、手ひねり、押型成形等も用いられています。いずれも一品ごとに台の上に取って仕上げる”一品造り”です。

文様・装飾

文様・装飾は、古来さまざまな種類の技法が用いられてきましたが、現在に伝えられている丹波焼独特のものとして、葉文・貼り付け・釘彫り・流し釉・墨流し・人形手・筒描き・イッチン描き等があります。

葉文(葉形)

葉文は、成形された陶土が乾燥しないうちに植物の葉を貼り付け、上から釉薬(うわぐすり)をかけて焼成すると、葉の部分が燃えてその形が残る文様です。
これに用いられる葉の種類は多く、イチジク・ヤツデ・セリ・カタバミ・カエデ・シダ・ツタ・ナンテンなど、大きいものから小さいものまでさまざまであり、丹波焼の最も独創的な文様の一つになっています。

貼り付け

成形後、土が乾燥しないうちに紐状にした粘土を貼り付ける手法で、友土とよぶ同じ土のほか、白土などを用います。葉文とともに丹波焼独特の装飾技法です。
江戸時代初期の広口の甕に多く見られる技法として、蓮の花・松・梅・柳・柿などの植物文様、魚・鹿などの動物文様に、山・水・花・風などの文字が組み合わされて、表面が装飾されています。
江戸時代中期に入るとヘソ徳利に、明治期になると植木鉢の唐草文などにこの技法が残されています。

釘彫り

先端をとがらせた竹や木で表面に文様などを彫り込む技法で、江戸時代中期の作品に多く見られます。
釉薬(うわぐすり)を生掛けした後、花などの文様を彫り、生地の色と釉薬との配色美を出す方法のほか、釘彫りした後釉薬を掛けるという逆の方法も行われています。この釘彫りも丹波焼の典型的な技法です。

流し釉

丹波焼の釉薬は、自然釉から創造された灰釉と、塗土を目的とした土部釉が基本となっています。
この2種類の釉薬は、それぞれ単独で使用されておりましたが、その後赤土部釉を全面掛けして地釉とし、その上から灰釉を流して装飾する技法が考案されました。
これが流し釉(ぐすり)とよぶ技法で、この技法は、ロクロをゆっくり回転させながら杓(しゃく)を用いて釉薬を流し掛けたり、釉薬を入れた竹筒を用いて一定間隔に流し掛けるものです。こうして、上から直線的に流し掛けるほか 【送料無料】 205/45R16 16インチ BRANDLE ブランドル 757B 6.5J 6.50-16 DUNLOP ダンロップ ルマン 4(LM704) サマータイヤ ホイール4本セット、飛び掛けと称して下から逆に流す方法もあります。

墨流し

水面に落とした墨汁が広がっていくときにできる文様に似ているところから、墨流し とよばれるようになった技法です。白の化粧釉が乾燥しないうちに鉄釉をその上に落とし、上下左右に振り動かすと、さまざまな文様が生まれます。この装飾技法は、江戸時代の後期ごろから用いられるようになりました。

人形手

丹波焼における人形手は、大黒や布袋等の人物像や、菊・唐花などを型で作り、それを徳利の中央部に貼り付けたもので、別名「へそ徳利」とよばれるものは、中央部の貼り付けがへこんでいるゆえによります。

筒描き・イッチン描き

釉薬によって文字や絵・線を描く技法の一つに筒描きがあります。竹筒の下部にあけた穴に細かい竹筒を差し込んで管とした道具に入れた釉薬が、管の先から流れ出すのを利用して描く技法です。江戸時代から全国的にみられた技法ですが、丹波焼がその代表といわれています。
釉薬が流れ出す管先をさらに細くするために金具をつける方法もとられ、この方法によって一升徳利などに酒の銘柄や店の屋号などを描きました。
他の一つは、渋紙をジョウゴ状にして先に金具を取り付けた道具に釉薬を入れ、指で釉薬を押し出しながら絵や文字を描く技法です。この道具は KENDA ケンダ VEZDA ECO KR30 サマータイヤ 215/55R17 MONZA JP STYLE Baker ホイールセット 4本 17 X 7 +38 5穴 114.3、もと染色の道具であったものを転用したもので、「イッチン」とよばれ、これを用いる技法をイッチン描きとよびました。細かい絵や文字を描くのに用いられてきましたが、現在ではゴム製のスポイトが用いられるようになっております。

面取り

器の面を平面にする方法で、丹波焼の代表的な作品の一つである山椒壺にこの技法が用いられています。

しのぎ

特殊なカンナを使用して器の表面を削り、

、模様を施す技法です。

釉薬(うわぐすり)

丹波焼の釉薬(うわぐすり)は、登り窯時代に入って自然釉にヒントを得て考案された人口釉の灰釉が主に用いられ、木灰釉を中心に、ワラ灰、モミガラ灰、栗のイガ灰、竹の葉灰などさまざまなものが使用されており、現在も釉薬の主流を占めております。その他土灰釉・鉄釉(黒釉)・白釉なども使用されています。

自然釉(ビードロ釉)

穴窯時代は無釉で、焼成過程において燃料の松灰と原土中の鉄分とが融合して、緑色や鳶(とび)色を自然発色しました。 これが自然釉といわれるもので、穴窯時代丹波焼の特徴となっております。

灰釉(はいぐすり)

登り窯時代に入って、自然釉にヒントを得た人工釉が考案されました。これが木灰釉で、これと黄土を調合して作った釉薬も用いられました。その後ワラ灰・モミガラ灰・栗のイガ灰・竹の葉灰などさまざまなものが使用され、現在も灰釉は丹波焼の代表的な釉薬とされています。

赤土部釉(あかどべゆう)

土部釉は、もともと製品の水漏れ防止のために用いられていましたが、焼成過程において朱赤色や紫赤色に変化することから赤土部釉とよばれ、江戸時代初期丹波焼を代表する釉薬として壺や山椒壺などに盛んに用いられました。釉薬の濃淡や焼成具合によって、狐色のほか ブレンボ ブレーキディスク フロント左右セット ミニコンバーチブル F57 WG20 09.C349.11 brembo ブレーキローター ディスクローター【店頭受取対応商品】、栗皮色などさまざまな色に発色する特色のある釉薬です。

飴黒(あめぐろ)または石黒釉

飴黒は、マンガン成分を多量に含んだ黒石を砕いて作った釉薬で、鉄分の多い灰釉も焼成によってはこれに近い色がでますが M.I.C CP80 シエンタ ダイヤキルトレザーピラー 6P アイボリー、灰釉の黒よりも漆黒で光沢があります。

白釉(はくゆう)

白土部ともいえる白土を水に溶かして作った白泥の釉薬で、江戸時代後期に使われはじめ、化粧用のうわぐすりに用いられたほか、筒描きやイッチン描きによる文字や絵の白描きとしても使用されました。

土灰釉(どばいゆう)

江戸時代末期ごろから使用されはじめた釉薬で、雑木の灰をアク抜きした後、水簸して使用します。

キマチ・マンガン

現在よく使われる釉薬にキマチとマンガンがあります。従前に大量生産されてきた硫酸ビンや甕類によく用いられたのがこのキマチ釉で、マンガンを用いた黒釉は、鉢や壺の流し掛けに用いられます。

焼成

焼成は、登り窯・穴窯・ガス窯・電気窯等で行われますが、釉掛けしない”焼締め”の場合は、登り窯、穴窯により焼成します。

窯と焼成

穴窯と登り窯

現存する最古の窯として兵庫県の重要民俗資料に指定されている上立杭の登り窯は、明治28年に造られ、長さ47メートルあります。

穴窯時代

中世の丹波焼は、創業以来桃山時代末期に至って山麓に登り窯が築かれるようになるまで、約400年の長きにわたって穴窯時代が続きました。
今田町(現篠山市今田地区)は当時摂津住吉神社の荘園で「小野原荘」と称していたところから「小野原焼」と呼ばれ、三本峠周辺の山腹に穴窯を築いて焼成されました。現在までに発見されているその古窯跡は、三本峠・床谷(とこらり)・源兵衛山・太郎三郎(たさうら)・稲荷山の5か所です。

穴窯の構造と焼成

穴窯は、山腹の傾斜地に溝を掘り込んで石や粘土で固め、天井を築いて土をかぶせるという、極めて簡単な構造です。穴窯による焼成にはかなり長い日数(半月ぐらい)を要し、また、焼成室が1室のため、1回の焼成量は限られたものでした。

登り窯の導入

近世における丹波焼は、慶長16年(1611)ごろ、朝鮮式半地上の登り窯が導入されたことによって、これまでの長い穴窯時代に別れを告げ NGK(エヌジーケー) 三菱 ギャラン プラグ イリジウムMAXプラグ 1992/5~1994/10 ギャラン E53A ■エンジン:6A11 ■排気量:1800 6本セット、登り窯時代という新しい時代の幕開けでその歴史がはじまりました。
この登り窯時代は、当初釜屋の山麓に登り窯が築かれていたので「釜屋時代」とも「山麓時代」ともよばれる時代からはじまり、さらに宝暦2年(1752)には下立杭、さらには上立杭にも登り窯が築かれる「里窯時代」へと引き継がれていきました。

近世における丹波焼は、慶長16年(1611)ごろ、朝鮮式半地上の登り窯が導入されたことによって、これまでの長い穴窯時代に別れを告げ、登り窯時代という新しい時代の幕開けでその歴史がはじまりました。
この登り窯時代は、当初釜屋の山麓に登り窯が築かれていたので「釜屋時代」とも「山麓時代」ともよばれる時代からはじまり、さらに宝暦2年(1752)には下立杭、さらには上立杭にも登り窯が築かれる「里窯時代」へと引き継がれていきました。

登り窯の構造

登り窯の築造は、山麓の傾斜地に「そだて石」とよぶ石を並べて基礎とし、割り竹を縄で編んだものを支えとして、両側から「まくら」を半円形に積み上げます。このまくらは、山土を型に入れてこしらえた立方体の日干し煉瓦(れんが)で、現在では鉄板を支えとして積まれることが多いようです。このとき出入り口や燃料の投入口も設けられ、最後に「ごぢん」とよぶ窯内部の床を厚く塗り固めて完成します。

窯は、焚き口のある「火床」に続いて焼成室が連なっていますが、火床に続く第一焼成室と「くど」とよぶ最先端の焼成室を除く、中間の焼成室の長さはほぼ均等です。この焼成室は「袋」とよばれ、それぞれ下端に出入り口が設けられています。
焼成室である袋と袋の境界には2〜4本の柱が設けられ、天井を支える役目をしています。これを「火がき」「火越し」あるいは「さま」とよびます。

窯の先端部のくどには煙出しが設けられ、これは「くど先」「火さき」あるいはその形から「蜂の巣」とよばれています。しかし、最近ではこの火さきに煙突を取り付けたものがほとんどとなり、蜂の巣から吹き出される真っ赤な炎の美しさが見られなくなりました。

窯の長さは焼成室(袋)の数によりますが、現存する最古の窯として兵庫県の重要民俗資料に指定されている上立杭の登り窯は、明治28年に築造された長さ47メートル、袋数9の窯で、よく古様を保って使用されている代表的な登り窯といえます。かつて多数の袋をもつ登り窯は、いずれも共同窯として使用されてきましたが、昭和40年代に入るころから個人窯が普及し始め、製品の小物化とともに窯の規模も2〜4袋と小型化しました。

登り窯による焼成

窯入れ

成形・釉(くすり)掛け及び乾燥が終わると、製品は窯場に運ばれて焼成室に入れられます。共同窯時代には「かまやかご」とよぶ竹かごに入れて窯場まで運びました。
焼成室に入れる「窯入れ」は 、製品を輪台の上に置いて窯床(ごぢん)に並べます。小物は、大きなものの中に入れたり、また、サヤ(ゴウともいう)とよぶ器に入れたりします。
製品を重ねて置く場合は、接続部分にモミ灰をつけたり、土を小さく丸めてモミ灰をまぶした「ハマ」とよぶ玉を間にはさみます。
この窯入れが終わると、入り口は「まくら」でふさがれ、粘土で密閉されます。

窯焼き(窯焚たき)

焼成である「窯焼き」は、まず「ぬくめ(あぶり)」から始まります。このぬくめは、温度を徐々に上げていく窯焼きの最初の段階です。昭和30年ごろから、ぬくめの燃料に重油が用いられることが多くなりました

窯の規模によって一定しませんが、ぬくめの作業が30〜40時間経過すると、袋の中の炎は上方へ上がり、各袋に設けられている両側のアナから、燃料の松割り木を次々と投入する本焼きに入ります。こうして室内の温度は約1,300度に達します。
この焼成に要する時間は約60時間で、昼夜兼行で作業が行われます。
登り窯の数倍を要した穴窯による長時間の焼成は、緑色または鳶(とび)色を帯びた自然釉の美を生み出しましたが、登り窯における焼成は、燃料である松の灰と人口釉との融合によって、鮮やかな窯変美を生み出すのです。

窯出し

窯焼きが終わると、焚き口や燃料の投入口であるアナは粘土で密閉され、約一昼夜の冷却時間を置いて「窯出し」すなわち焼成品の取り出し作業を行います。
窯入れからこの窯出しまではほぼ一週間を要しますが、現在ほとんど全面化した個人窯の場合の所要時間は若干短くなっています。

ガス窯・電気窯・重油窯による焼成

薪を燃料とする古来の登り窯に対して、プロパンガス・プタンガスを燃料とするガス窯や電気窯、重油窯などが戦後相次いで導入されるようになり、これらは素焼き・本焼きの両面に使用され、丹波焼の生産構造を大きく変えることになりました。
現在最も普及しているのがガス窯による焼成で、短時間で焼成でき、量産が可能となるところから、

[ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L566 (BK/MC) 16インチ×6.0J PCD:100 穴数:4 インセット:32

、急速に普及したものです。

〒669-2135 兵庫県篠山市今田町上立杭3
TEL 079-597-2034 FAX 079-597-3232
TEL 079-506-6027(陶芸教室直通)
メール info@tanbayaki.com
開館時間 4月〜9月:AM10:00〜PM6:00/10月〜3月:AM10:00〜PM5:00
年中無休(12月29日〜1月1日は除く)※臨時休園日あり
{yahoojp} {tanbayaki.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-73563