>  > NARDI ステアリング ミツビシ デリカ/スターワゴン L0 S54~S61 FET BOSS KIT(FET ボスキット)・NARDI(ナルディ) ステアリングセット ステアリングボス BOSS〔FB800〕/ステアリング〔N130〕

デリカ/スターワゴン ステアリングボス NARDI BOSS〔FB800〕/ステアリング〔N130〕 BOSS ミツビシ ボスキット)・NARDI(ナルディ) ステアリングセット L0 ミツビシ ステアリングセット FET KIT(FET ステアリング S54~S61

Naomi Otomo

西馬込のyohak(ヨハク)に散りばめられたピリッとした店主のこだわり

目次

[ホイール1本(単品)] VOSSEN / VFS1 (TMS) 22インチ×9.0J PCD:120 穴数:5 インセット:20 DISK:FLAT yohakで使われるコーヒーカップはもう日本にはない? 「鯖サラダ」は奥さんの手作りサラダがヒントに【送料無料】 225/40R18 18インチ WORK ワーク ランベック LM1 7.5J 7.50-18 DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 SALE サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション

高い天井のお店は、そこにいるだけで気持ちがいいもの。ましてや、しっかり光が差し込む空間ならなおさら。ここ西馬込にあるyohak(ヨハク)は、気分があらわれるようなカフェ。お店の名前の通り ヨコハマ アイスガード6 iG60 185/70R14 アクシオ フリード スマックVI-R 送料無料 4本セット、余白たっぷりな同店を訪れた。

yohakの前には「D&Department」や「CICOUTE CAFÉ」で働く

yohak(ヨハク)オープンは2016年。元々は文房具屋だった場所を店主・稲葉さんが受け継いだ。床のタイルは当時のままのチャーミングな雰囲気を醸している。D&Departmentで家具の仕事をした後に、下北沢の名店・CICOUTE CAFE(チクテカフェ)で働いた稲葉さんは、いずれは地元・西馬込に自分の店をと、

NARDI ステアリング ミツビシ デリカ/スターワゴン L0 S54~S61 FET BOSS KIT(FET ボスキット)・NARDI(ナルディ) ステアリングセット ステアリングボス BOSS〔FB800〕/ステアリング〔N130〕

■適合車種
メーカー車種型式年式(和暦)
ミツビシデリカ/スターワゴンL0S54~S61
装備(※下記の装備内容を必ず確認してください。)
_
◆備考
_

※本ステアリングに変更することによって、エアバックは使用出来なくなります。
また、純正ハンドル付属のスイッチ機能(シフトチェンジなど)は使用出来なくなります。

■BOSS詳細
メーカー商品名品番
FETBOSS KIT(ボスキット)FB800

■ステアリング詳細
メーカーシリーズ商品名品番
NARDI(ナルディ)CLASSICLEATHER (レザー)N130
外径グリップカラー/素材スポークカラー付属
360mmブラックレザーブラックスポークホーンボタン・ホーンリング

SMOOTH LEATHER
上質な本革と職人による手縫いの伝統。使い込むほどにパイロットの手にしっとりと馴染み、コーナーをクリアするたび愛車との一体感が高まります。
 
■BOSS 品番〔FB800〕 + ステアリング(SMOOTH LEATHER) ラインナップ ※画像をクリックすると拡大します。
ブラックレザー&シルバースポークブラックレザー&ポリッシュスポークブラックレザー&ブラックスポーク

(ホーンボタン・ホーンリング付属)

(ホーンボタン・ホーンリング付属)

(ホーンボタン・ホーンリング付属)
330mm〔N111〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
360mm〔N132〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
330mm〔N110〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
360mm〔N131〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
_本商品です
340mm〔N342〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
_340mm〔N341〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
380mm〔N151〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
_380mm〔N150〕
+ BOSS 品番〔FB800〕

SUEDE LEATHER
■BOSS 品番〔FB800〕+
ステアリング(SUEDE LEATHER)

※画像をクリックすると拡大します。
ブラックスエード&ブラックスポーク

(ホーンボタン・ホーンリング付属)
330mm〔N115〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
360mm〔N135〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
340mm〔N343〕
+ BOSS 品番〔FB800〕

コンペティションユースとして、レーシンググラブの使用を前提に開発されたモデルです。リム全体にまかれたスウェード革が最高のグリップ力を発揮します。


PUNCHING LEATHER

スポーツユースに開発されたモデルです。リム全体にディンプル加工を施したパンチングレザーを採用し、グリップ力を高めています。


■BOSS 品番〔FB800〕 + ステアリング(PUNCHING LEATHER) ラインナップ ※画像をクリックすると拡大します。
SPORTS TYPE A パンチングレザー レッドステッチパンチングレザー&ブラックスポーク グレークロスステッチパンチングレザー&シルバースポーク グレークロスステッチ

(ホーンボタン付属)

(ホーンボタン・ホーンリング付属)

(ホーンボタン・ホーンリング付属)
330mm〔N005〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
340mm〔N344〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
340mm〔N345〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
360mm〔N750〕
+ BOSS 品番〔FB800〕
__

、考えていた。

西馬込駅は、都営地下鉄の駅では最南端であり、東京の地下鉄全体でも最南端。駅から5分ほど歩いたところにyohak(ヨハク)はある。稲葉さんは西馬込出身で、この街のいいところは「何もないところ!」と言い切る。その一方で、稲葉さんのご友人はこの街に戻ってきてのんびりした生活を送るほど、過ごしやすいと教えてくれる。

そんなyohak(ヨハク)は、女子ウケ必至なありがちな小洒落たカフェかと思いきや、そこにはピリッとした店主のこだわりが散りばめられていた。

yohakで使われるコーヒーカップはもう日本にはない?

例えば、お店のコンセプト。

「日本に旅行に来たイギリスのおばあちゃんが日本に影響を受け、少し間違った解釈で自分の国に帰って立ち上げたカフェです。」

と、面白そうに語る稲葉さん。

日本のエッセンスは少しずつ隠れているから面白い。店の看板メニューである「塩鯖と季節の野菜サラダ」のドレッシングには、隠し味として醤油が使われているそう。こういったこだわりがそこら中にあるのがyohak(ヨハク)だ。そもそも 【メーカー在庫あり】 チェリーファスナーズ(株) Cherry Max リベット[[(R)]] 100°FLUSH HEAD/NO 100個入り CR3522-4-02 JP、ヨハクをローマ字で表記するなら「yohaku」。「u」が抜けていることも意図してやっていること。

「余白だと思われたくないのと自分たちの遊びゴコロを大切にしたいんですよね。なので『u』は抜いておきました。」

続いて出てきたのがコーヒーカップ。

「このカップが、いい感じであか抜けないんですよね。今の時代にこのデザインを意図的に出さない」

お店のコーヒーカップはこのデザインで統一されている。確かに筆者も「30年前に実家にあった感じで、その頃の自分はきっと気に入っていなかった」と正直に口にしてしまった。

このカップは、北海道に行った時に奥さんの友人がやっているヴィンテージ・アンティーク「PALM WINE STORE」で見つけたもの。奥さんが発見し、その後に、リサイクルショップも探すなどして集めたのだ。

「世の中にあるこのタイプのものは HKS エッチ・ケー・エス HIPERMAX S-style L 2018 ハリアー ZSU60W 3ZR-FAE 13/12~ 車高調、ほとんど僕たちが使っているのではないでしょうか」

なんだか楽しそうだ。その調子で、「お客さんとの距離が近くて、ゆるい雰囲気が気持ちいいですね」といった筆者の感想に、稲葉さんは首を横に振った。

「うちは割と厳しいですよ。グループのお客さんに対して、声の大きさについてお願いすることがあります。(他のお客さんの入り状況によりますが)もし CUSCO street ZERO A車高調整キット マウントレス仕様MCR30Wエスティマ 00/1~06/1、1人で来られているお客さんがいたなら、ゆっくり過ごしてほしいから、一言いいます。マナー、大事です」

至極まっとうな意見だ。それは、お店とお客は対等でいたいという考えで、お互い成長していきたいという思いがあるため。その背景には、D&Departmentで体感した街を作っていく姿勢もあるのかもしれない。ここのお店だけ良い場所にするのではなく、西馬込 エアロパーツ ST Style Carbon Fiber Front Bumper Lip For 2017-2018 Subaru BRZ Facelift Only STスタイルカーボンファイバーフロントバンパーリップ2017-2018スバルBRZフェイスリフトのみ、広くは大田区が良い場所になるように、そういう姿勢でお店に立っている稲葉さん。とはいえ、この笑顔。怖い人はないので誤解のないように。

「鯖サラダ」は奥さんの手作りサラダがヒントに

そんな同店を訪れた際に注文したいのは 、「塩鯖と季節の野菜サラダ」。CICOUTE CAFE(チクテカフェ)で働いていた時にニースサラダに惚れ込み、自身のお店では必ずサラダを展開することを決めていたそう。

「妻の食べ方を見ていると、サバ缶のサバを焼いてサラダに乗せて出してくれていた。このサバの脂身がサラダと合っていて……、これだと」

このサラダ、女性だけでなく男性も普段の野菜不足からか、意識的にオーダーする方も多い。ランチ時にはサンドイッチをつけてセットにすることも。家族で来店するお客さんの中には、「子供がヨハクのサラダを食べたがってきている」といった方も。ぜひ、来店時には注文した一品である。

多少のとっつきにくさは、お店に緊張感を持ちたいから。馴れ合いにならない方が、いい関係でいられる。

「お客さんとのちょうど良い距離感を探っています。それは近すぎないことなのかなと。最近のお店だと、食事もそうですが、『人に会いにいく』というのがテーマになりますが、僕はそれに当てはまらない。程よい距離感を程よく保っていくことを目指します」

一見、ほっこりした雰囲気だけでなく、緊張感も。

とはいえ、お店全体からほとばしる遊びゴコロ。取材を終えて、なんとも言えないコーヒーカップを眺めながら、「稲葉さん、そんなの嘘ですよね」と思ったのは、ここだけの話。

RELATED ARTICLE

未経験だから出来た、日本茶文化を再創造する東京茶寮の新たな挑戦。