>  > 【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス 224番 ホンダ シビックタイプRユーロ FN2 21/11~ エアバッグ車
【送料無料】 サマータイヤ ホイール4本セット LEONIS レオニス VT 17インチ 7.0J INSET42 5穴 114.3 BMC/MC WINRUN ウィンラン R330 215/50R17 エスティマ/ステップワゴンetc

【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス 224番 ホンダ シビックタイプRユーロ FN2 21/11~ エアバッグ車

「覆面評論家」ブログで綴ってきた、格闘技をサッカーから切り離し独立させました。的はずれな内容ですが、暖かい心でお付き合いください。真心と感謝!
<< 2006年11月 | TOP | 2007年01月 >>

【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス KLE52-0000203 224番 ホンダ 前期 シビックタイプRユーロ FN2 21/11~ エアバッグ車

【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス 21/11~ 【送料無料】WorksBell(ワークスベル)ステアリングボス 224番 シビックタイプRユーロ ホンダ エアバッグ車 ホンダ FN2

ボビーとアンディのオロゴン兄弟(チームオロゴン)が公開練習を行った。12月31日(日)大阪・京セラドームにて開催されるTBS/MBS/FEG主催『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』でボビーオロゴンはチェ・ホンマン(韓国)と、アンディオロゴンは金子賢とそれぞれ対戦する。

公開練習での余裕ぶりをみる限り、ボビーオロゴンはチェ・ホンマンに本気で勝ちに行くようだ。K-1の総合格闘技でシリルアビディと曙に勝利し自信をつけた。

オロゴン兄弟を指導するGRABAKA・山崎剛は、「チェ・ホンマンはK-1で強さを証明しているので、グラウンドで勝負にいかせます。」と言っている。当然といえば当然であるが、予想どおりの展開になるとは思えない。

チェ・ホンマンは「俺を本気で怒らさなければ面白い試合になる。」と言っている。観客を楽しませることを第一に考えている。総合格闘技でも本気を出せばどうにでも料理できる自信があるのだろう。韓国シルム相撲の横綱だ。取っ組み合いしようが寝技でもみあおうが、ボビーオロゴンなど問題でではない。パワーにものをいわせればボビーオロゴンも何もできない。

従ってボビーオロゴンは勝つために、チェ・ホンマンを怒らせずに楽しませることに付き合うと見せかけて、スキをみて突然に襲いかかるだろう。チェ・ホンマンをテイクダウンするにはタックルで倒すか、下になるのを覚悟してわざと倒されるしかない。

ボビーのホンマン対策として、ボビーオロゴンの上に人が何人も乗って押さえ込み、そこから逃げる練習をしている。自分から倒される作戦はありえるかもしれない 【割引クーポン配布中】無限/MUGEN スポーツペダル N-BOX スラッシュ/JF1、JF2 商品番号:46545-XG8-K0S0。下からでも状況によっては関節技も狙える。

何を考えているかわからないだけにボビーオロゴンには油断がならない。

。観客を楽しませることを楽しみにするチェ・ホンマンと、とぼけながら本気でタップを狙うボビーオロゴンの戦いの分岐点は、どこでチェ・ホンマンがきれるか?である。

チェ・ホンマンもこの試合のオファーを受けたのなら、最初から本気でやるべきだ。谷川プロデューサーは、この試合の視聴率は紅白歌合戦に勝てると自信満々だ。色物マッチメークだからだ。チェ・ホンマンはその意向につきあう必要はない。

楽しませるのなら、圧倒的な力の差を誇示したほうが効果的だ。腕を一本くらい引きちぎる勢いがあるほうがいい 245/40R18 97W XL FALKEN ファルケン ZIEX ZE914F ジークス ZE914F CROSS SPEED HYPER EDITION CR7 クロススピード ハイパーエディション CR7 サマータイヤホイール4本セット。
posted by みゅーちゃん at 21:39| Comment(0) | TrackBack(4) | スポーツ | |

2006年12月17日

金メダリストも俺の踏み台だ! 山本“KID”徳郁 

アマチュアレスリングで北京五輪出場を目指す山本“KID”徳郁(KILLER BEE)が、大晦日の「Dynamite!!」でアテネ五輪グレコローマン55キロ級金メダリストのイストバン・マヨロシュ(ハンガリー)と対戦することがきまった。

宮田和幸に続いてアマレスの強豪との対戦になる 【割引クーポン配布中】Clazzio/クラッツィオ アルカンターラセレクション エリシオン VG・G プレミアム/RR1、2、3、4 H16/5~H17/9 カラーブラック【31EHC443K】。しかも今回は金メダリストだ。山本“KID”徳郁にとっては願ってもない獲物だ。宮田和幸戦同様に軽く一蹴したいところだ。

今回も遊ぶことなくチャンスがあれば1発で決めたい。寝技に持ち込まれるとうるさい。グレコローマンの出身だけに桁外れのパワーが、イストバン・マヨロシュにはある。山本“KID”徳郁も上に乗られたら危険だ。

打撃でKOできれば文句ない。2回連続で飛び膝蹴りで秒殺は難しい。地味にパンチで追い詰めるのが確実だろう。普通に戦えば確実に勝てる。色気を出して寝技で勝負しようなどとは考えないほうがいい。余計な演出は思わぬ失敗を招きやすい。

打撃でダメージを与えてから、有利なポジションで寝技に持ち込むのは問題ない。そして容赦なく白目をむくまで叩きのめさなくてはならない。北京オリンピックを目指す山本“KID”徳郁に求められるのは、スキのない戦いをして圧倒して勝つことだ。

金メダリストのイストバン・マヨロシュと戦い圧勝することの意味は、ギャラを稼ぐこと以外にはアマレスへのわだかまりを払拭することにある。山本“KID”徳郁にはいままで手に届かなかったレスリング金メダリストも、総合格闘技で対決すればこんなに弱いんだと潜在意識に植えつけることができる。

山本“KID”徳郁が北京オリンピック出場の夢のために、今最も必要なのは自信をつけることだ。

2006年12月09日

崔龍洙(チェ・ヨンス)のパンチは危険だ! 魔裟斗

K-1MAXの日本のエース魔裟斗(シルバーウルフ)が大みそかのDynamite!!(京セラドーム大阪)に参戦することが決定した。対戦相手は崔龍洙(チェ・ヨンス)。元WBAスーパーフェザー級王者で7度の防衛に成功している韓国の英雄だ。畑山隆典とは2度にわたって名勝負をしている。魔裟斗にとって不足のない相手だ。

「もう終わった選手ですからね、パンチで勝負したい」と魔裟斗は楽観視するが簡単ではない。「元WBAスーパーフェザー級王者で7度の防衛」の看板は伊達ではない。常人ではないなにかは潜在的にもっているからだ。

魔裟斗の余裕の発言にも根拠はある。ボクシングを引退後ブランクがあることと、崔龍洙(チェ・ヨンス)が34歳であることを考えれば肉体的にも衰えがある。仮に肉体を全盛期に戻しても、神経系の回復は難しい。視神経を中心とした神経系の衰えは、長いブランクにより想像以上かもしれない。

崔龍洙(チェ・ヨンス)はキックの練習もしているようだ。練習すればキックの威力は増してくる。しかし試合では使えないだろう。一朝一夕では無理な話だ。崔龍洙(チェ・ヨンス)が天才でも、何年も練習しないと本番仕様のキックをものにできない。

魔裟斗の優位は間違いない。あくまで危なげなくキックで勝負をした場合だ。大東旭戦のように慎重に戦わないと危険だ。パンチがまともに当たれば寝ることになる。パンチで襲いかかる崔龍洙(チェ・ヨンス)をフットワークでかわし、距離をとりながらローキックを中心に攻める。

この戦いかたであれば崔龍洙(チェ・ヨンス)は何もできない。元世界王者でも脚の痛みで倒れる以外にない。魔裟斗は数年前元世界ボクシングチャンピオンと戦ってKOしている。その時もローキックだけで脚を粉砕した。試合後立つのが精一杯の状況まで負い込んだ。

魔裟斗は自分を奮いたたせるため「パンチで勝負したい。」と発言したかもしれない。しかし勝負は辛くなくてはならない。相手の土俵で勝負するのでなく、情け容赦なくキックをたたき込まなくてはならない。元世界チャンピオンに現状での最高の力を発揮して決着をつけるべきだ。

ジャイアント・シルバを漬物にできるか? 曙

大みそ日のDynamite!!(京セラドーム大阪)でジャイアント・シルバと対戦する曙。ジャイアント・シルバは身長2メートル30もある大巨人。

ジャイアント・シルバはPRIDEにでており、小川直也とも対戦し敗れたものの、それなりに総合格闘技の試合ができる。技術不足はパワーと身長で補っている。そして大きい割には身体もよく動く。

曙にとってはチャンスだ。まともな試合ができるからだ。ジャイアント・シルバが逃げ回るとは思えない。力と力でぶつかる正攻法の戦いがある程度期待できる。

しかし曙は下手な試合運びをすると、1分でスタミナが切れるだろう。デカイいジャイアント・シルバに猪みたいに突っ込んでは、粘られて曙のスタミナが消耗するだけだ。

曙はファーストコンタクトをどうするか、作戦をたてないと勝てない。スタンドディングのまま1R最後までもつれると、2R以降全く身体が動かないだろう。早めにテイクダウンして、上に乗れば曙にチャンスがある。

昨年のボビー・オロゴン戦では、上に乗ることに成功したが曙は何もできなかった。上に乗ったらギロチンチョーク等の体重を活かせる小技を繰り出さないと勝負にならない。

スタミナがない欠点を補うためと、曙の最大の武器である体重を活用するためには、寝技で上に乗ることが必要だ。
posted by みゅーちゃん at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | |

2006年12月03日

セーム・シュルトは2連覇でも安心できない!

12月2日東京ドーム「K-1 WORLD GP2006 IN TOKYO決勝戦」でセーム・シュルト(オランダ)が2連覇を達成した。

前回の優勝はKOの山を築いたが、今回は初戦のジェロム・レ・バンナと決勝のピーター・アーツから1回づつダウンを奪っただけで、決して圧勝ではない。セーム・シュルトが追い込まれた場面はないが、ジェロム・レ・バンナからは強烈なパンチを食らい、ピーター・アーツのローキックはダメージを与えた。

セーム・シュルトの優勝はほぼ確実と思っていたが、予想どおりとなった。「やっぱりセーム・シュルトが優勝したか。」と納得してしまう人も多かったと思う。前回優勝の圧倒的な強さを目の当たりにしたら、3年位はセーム・シュルトの天下が続くだろうと思えてしまう。しかしセーム・シュルトには、アーネスト・ホーストのような老獪さはない。

ハリッド“ディ・ファウスト”をアーネスト・ホーストが判定で倒した試合は素晴らしかった。ハリッド“ディ・ファウストのパンチをガードで守り、ロープ際に追い詰めて両腕で相手の動きを封印し、膝蹴りやローキックをお見舞いする。全盛期のスピードの衰えを補って余りある戦いだった。

強いセーム・シュルトではあるのだが、弱点も露見してしまった。ジェロム・レ・バンナからパンチを食らったのはガードが甘いからだ。ジェロム・レ・バンナの突進を食止めるため、セーム・シュルトはジャブと前蹴りを効果的に活用した。ジェロム・レ・バンナが懐に入れば長いリーチで抱え込む。完封したとはいえないが、ジェロム・レ・バンナを抑え込んだ。しかしジェロム・レ・バンナに一工夫あれば、セーム・シュルトもダメージを受けていたはずだ。

ピーター・アーツのローキックにもセーム・シュルトはてこずった。脚が長いセーム・シュルトが有利であるはずなのだが、逆に脚を攻められて1Rのある時間帯の動きが鈍った。

K-1 WORLD GP2007では確実に弱点を狙われるだろう。セーム・シュルトは現状維持では3連覇は難しい。対戦者全員が優勝狙いではなく、セーム・シュルトを倒すために襲いかかってくることになるだろう。

2006年12月01日

ジェロム・レ・バンナは眼中にない?セーム・シュルト

「K-1 WORLD GP 2006 IN TOKYO~決勝戦~」が12月2日、東京ドームで開催される。

昨年王者のセーム・シュルトが大本命だ。2番手はレミー・ボンヤスキーである。今回限りで引退のアーネスト・ホーストは、かつてのスピードとキレがなく優勝は難しい。優勝を狙うジェロム・レ・バンナも実力はピカイチだが、戦略的にリスクが最も大きい方法を選んだ。

K-1 WORLD GP 決勝戦は、優勝するために1日で3試合戦い抜かなくてはならない。1試合の消耗を少なくして勝たなければならない。判定を上手に利用することも作戦のうちだ。

ジェロム・レ・バンナはあえて逆をいく。初戦に全力を使い果たすような最大の強敵を選んだ。ジェロム・レ・バンナは「“1番高い山”から登り、タイトルに辿り着こうと決心した」と語っている。高い山を征服さえすれば、低い山は勢いで突破できると踏んだのだろう。

この考えの甘さこそ、ジェロム・レ・バンナがK-1 WORLD GP で優勝できなかった大きな原因の一つである。優勝するためには実力だけでは無理である。運も戦略も必要だ。1・2戦の2試合を強敵と戦い消耗し尽くし決勝に臨んだところで実力が発揮できない 。無傷の相手と決勝戦では分が悪いだろう。

今回も優勝は難しいだろう 『2番のみ』 モ-ド用 トリム リヤシートクッション 87180-50E11-E0H FIG871a スズキ純正部品。セーム・シュルトに勝っても無傷では終わらない zoom/ズーム ダウンサス ダウンフォース E W212 ステーションワゴン アバンギャルド 212256C Mercedes Benz/メルセデスベンツ。代償は大きいだろう。そしてジェロム・レ・バンナのファイトスタイルも大きな障害だ。観てるものには楽しいが、判定狙いの試合ではなくKO狙いの全力ファイトだからだ。最近は戦いに老練さがあるが、本質的にはかわらない。

セーム・シュルトは体調が良ければ優勝するだろう。不調の場合は混戦になる。試合の組み合わせから考えて、レミー・ボンヤスキーに復活のチャンスがある。
posted by みゅーちゃん at 20:32| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | |
検索
 
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-67243