195/80R15 DUNLOP ダンロップ ENASAVE RV503C エナセーブ RV503C B-win MD-5 ビーウィン MD-6 サマータイヤホイール4本セット for 200系ハイエース


 >  > 

195/80R15 for 195/80R15 ENASAVE 200系ハイエース サマータイヤホイール4本セット RV503C MD-5 サマータイヤホイール4本セット ビーウィン RV503C エナセーブ DUNLOP ダンロップ B-win MD-6

195/80R15 DUNLOP ダンロップ ENASAVE RV503C エナセーブ RV503C B-win MD-5 ビーウィン MD-6 サマータイヤホイール4本セット for 200系ハイエース

195/80R15 Tyres DUNLOP ダンロップ ENASAVE RV503C エナセーブ RV503C B-win MD-5 ビーウィン MD-6 サマータイヤホイール4本セット EP389 for 200系ハイエース


 
 
■福田己津央(絵コンテ)×重田智(演出)×佐藤浩一郎(CGディレクター)
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のメインスタッフが再結集し制作したスペシャル・プロモーションビデオ『PHASE-IMPULSE』。プレビュー映像やMG特典映像などをご覧になった方々も多いことだろう。その最終形ともいえる、「ignited-イグナイテッド-」の楽曲付きのフルバージョンがAMC(ANIME MUSIC CLIP)として、ソニーミュージックのサイト他で7月9日から販売されている。 MGのデータを元にした3DCGで表現されたインパルスたちが、これでもかと激しく動く迫力の2分間のミュージッククリップ。アップテンポな楽曲にあわせた大胆なカット割り。ガンプラの設計CADデータを元にしたシャープなスタイリングフォルム。アニメの決めポーズがリアルフォルムの3DCGでよみがえった。
新たな『SEED』を思わせるダイナミックな仕上りとなっている。 Xplosion!GUNDAM SEEDでは、スペシャル対談として、この映像を制作した、絵コンテ・福田己津央氏、演出・重田智氏、CGディレクター・佐藤浩一郎氏の3名に集まっていただき、今回の映像制作のポイントを振り返ってもらった。
■PVは3つのテーマから作られる
―今回のPV制作にあたり、福田監督はどのようなコンセプトを描かれていたのでしょうか?
福田
 まずは 、MGフォースインパルスのキャンペーン用に使用されるPVということで、3DCGの表現の多様性 SuperSportMirror(スーパースポーツミラー) シトロエン ZX ドアミラー DTMミラー カーボンルック/電動/左ハンドル車 シトロエン ZX、インパルスの魅力、曲と映像のマッチング。この3つが今回のテーマです。TV版になかったシーンを新たに作るのは難しいので、基本はテレビにあったシーンをベースにしようと考えました。今回はある意味、実験的な要素もあったので、地上だけでなく空中や宇宙のシーンを取り入れて、3DCGによる表現の多様性にも挑戦しています。曲に合わせて映像を作ることにしたのは、ストーリー性が欲しかったからです。ストーリー性がないと、見ている人たちに与える訴求力がなくなってしまいますから。そう考えた時、僕の中ではインパルスの曲といえば、『ignited -イグナイテッド-』のイメージが強かったので、この曲にしました。
佐藤
 監督からは「TVシリーズの絵をそのままCGに置き換えをする必要はなく、3DCGならではの質感表現だったり、動きやエフェクトで『SEED』の世界を表現してくれ」ということを初めに言われました。ですので、『SEED』の世界を守りつつ、監督の期待に少しでも応えられるよう、カット毎の+αを考えながら制作していきました。
福田
 あと、もうひとつのチャレンジはセルのキャラと3DCGのMSの組み合わせです。もともとアニメは手前のキャラと背景でタッチが違うものだから違和感があるものなんですが、それに3DCGという新しい要素が加わったらどうなるか。セルのキャラ、3DCGのメカ、そして背景とのマッチングをどう見せられるかが、今回の課題のひとつでした。かといって、キャラをCGにしてしまうと、今度は「セルアニメ」ではなくなってしまうので、そこはあえてセルにこだわりました。
■22パターンにも及ぶモデル調整
―プラモデルのCADデータを元にした3DCGによる映像ですが、アニメに素材として使用するための
実作業の過程を教えてください。まずは―
佐藤
 プラモデルのCADデータを映像用ソフトで扱えるようにするためには 17インチアクセラスポーツBL系ENKEI パフォーマンスライン PF03 マットダークガンメタリック 7.0Jx17プロクセス C1S 215/45R17、データ形式を変えてやる必要があるので、まずはそのデータのコンバート作業から入りました。インパルスのCADデータ量はかなり膨大で、映像用のソフトで動かすのは難しいため マジカルレーシング ベネリ TNT BST BLACK DIAMOND 傾斜5本スポーク フロント 3.5×17、軽量化したモデルを使っています。形状はプラモデルを重視していますが、ところどころ重田さんの監修を受け、CG側で調整を行っています。たとえばプラモの強度の関係で太く作られている拳を小さくするとか。おもちゃとしての稼働用の隙間を埋めるとか、そういった細かい作業ですね。

▲MGインパルスのモデルが映像に使用されるにあたり、重田氏の監修がさらに加わっている。
重田
 映像制作とモデリングの調整を同時進行していたので、最終的なカットを見るまでどんなモデルになっているか誰も分からなかったんです(笑)。
佐藤
 カットとして上がってきたものに対して、さらに重田さんからの調整が入るので、カットごとにモデリングデータを変えていました。
重田
 やり方としてはちょっとイレギュラーなんですが、時間の関係もあって。
(*通常なら最初にモデリングデータをある程度作り込んでおく)
―モデルは最終的に何パターンぐらいになったのでしょうか?
佐藤
 合体するシーンやシルエット換装もあるので、インパルスのモデルはざっと数えると22パターンぐらいあります。その22パターンを、さらにカットにあわせで調整しているので、最終的にはかなりの数になりました。ブラストやソードインパルスのデータは(MGのためのCADデータがないので)1/100のデータを持ってきて、MGインパルスのシルエット装備に近くなるようにチューニングしています。
重田
 アニメだと「このシーンでしか出ないから、いい具合に描いてよ」って、アニメーターさんにお願いいしてしまったりするんですけど、3Dモデルでは、それが簡単にできないのが大変だと実感しましたね。360度回して見ても、おかしくないものを作らなければいけないので、きちんと確認しなければいけないし、時間もかかる。
佐藤
 MSの他には、ゲタ(発進時にMSの足もとを固定させるための足場。カタパルトにある。)とかMSハンガー、電源コードといったものはちゃんと全部作ってあります。本編では一瞬しか出てこないようなものでも、アニメで設定画を作るように、CGでは360度の立体としての設定画を作ります。

▲あまり目に付かないオブジェクトもしっかりと作りこまれている。
写真はMSハンガー
―それだけ調整を重ねたのであれば、プラモデルの形状から大きく変更した部分もあるのでしょうか?
佐藤
 股関節の可動システムは重田さんのご意見で大きく調整しました。プラモデルの実寸で、アニメのポーズ位大胆に足を動かすと、カットの動きの内容によっては胴長短足に見えてしまうことがあるんです。そこでモデルに、見えないスイッチを作って、そのスイッチを入れると股関節の位置が外側にずれる様な仕組みになっています。MGデスティニーと同じような機構ですね*。フリーダムの羽の演技も重田さんのオーダーにあわせたアニメーションを効率的に行うために、見えないスイッチで複数の翼が連動して動く仕組みになっています。

▲大胆な重田演出を再現するために作られたスイッチ。通称“重田スイッチ”と呼ばれてるとか…?
▲(右)フリーダムの翼コントローラー
佐藤
 基本的な形状は設定から起こしつつも 【店舗取付サービス】【CL7/8/9 アコード エムアンドエム ホンダ】アコード 3D GTウイング カーボン タイプ02AFレース指定部品CL7、TVシリーズで「絵」として盛り込まれていた細かな部分を追加したりしました。あとは内側にライトがあったほうがいいとか、重田さんとチェックしながら更に追加しています。コアスプレンダー発進口の壁などにライトがたくさんついてますが [Projectμ] プロジェクトμ ブレーキパッド タイプHV フロント用 コロナエクシヴ ST203 93/9~98/4 2.0L 本州は送料無料 北海道は送料500円(税別) 沖縄・離島は送料1000円(税別)、あれは雰囲気作りです(笑)。
重田
 内部も作りこまないと殺風景になってしまいますよね。でも、でっちあげでじゃなくて、ちゃんと設定にあるのものから雰囲気にあわせた形で追加していきました。
佐藤
 カタパルトの誘導灯は、TVシリーズの時には、

、床に埋まった光だったんですが、溝の中に灯りがあるような感じで、光が漏れているように見せました。
これは裏話ですが、実は後から、ブラストディフレクター(排気用の柵)を作り忘れていることに気づいて、セルで描いたものを使用しました。まわりの3DCGになじませる処理をして、立体的にみえるように置いています。

▲コアスプレンダーの後方にあるブラストディフレクター
が手描きで描かれた部分。一見すると気づかない。
  YOKOHAMA ヨコハマ アドバン デシベル V551 dB サマータイヤ 225/45R18 ブリヂストン BALMINUM KR10 ホイールセット 4本 18 X 7.5 +53 5穴 114.3
ACRE ブレーキパッド ■アクレ フォーミュラ700C フロント 【品番:399】 日産 サニー B13 90.1~94.1 CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747S KING LABEL (クラブリネア L747S キングレーベル) 22インチ 9.0J PCD:108 穴数:5 inset:18 DISK TYPE:LOW カラー:ブラック [ホイール1本単位]/H 【割引クーポン配布中】Clazzio/クラッツィオ アルカンターラセレクション ヴォクシー ZS/ZRR80G、80W、ZRR85G、85W H26/1~ 8人乗 カラーアイボリー【31ETC1571V】 AP ブレーキパッド フロント スバル インプレッサ GRB,GVB STi(Brembo) 2007年11月~ スイフト ブレーキパッド タイプ SR フロント用 セルボ モード CP22S 660 95/10~99/2 ターボ 5型 送料無料 APP BRAKE LINE SYSTEM ストーリア M110S/M111S/M112S 4WD スチール {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-64945