>  > 161 アリスト ブレーキキット【トラスト】アリスト JZS161 GReddy リア4POT ブレーキシステム
【メーカー在庫あり】 ホンダ純正 テンショナー ASSY AC ジェネレーターチェーン 28170-MW3-J00 28170-MJ0-951 JP店

161 アリスト ブレーキキット【トラスト】アリスト JZS161 GReddy リア4POT ブレーキシステム

161 7.50-18 アリスト ブレーキキット【トラスト】アリスト G01 JZS161 GReddy リア4POT ブレーキシステム

 窪井信次郎はその日の朝も釣支度で家を出た。 信次郎は熱心に魚を釣ろうと思っているわけではない。家に居たくないから仕方なく釣支度で出てきただけである。藩では非番の家中と家中の子弟に、鳥刺しと釣りを奨励する。それは山野を歩いて足腰を鍛えろという意味であった。だから釣竿さえ抱えていれば、何処にいても怪しまれることは無く好都合だった。
 家に居たくない理由は、去年の秋藩主の前で行われた剣術の紅白試合にあった。
 その日の最終試合で スカイライン用 エクステンシヨンリアフロアフロントスカイライン 74515-AM800 日産純正部品、信次郎は柘植(つげ)道場の代表として岩上勝之進と立ち会った。信次郎は二十歳になったばかりの颯爽とした剣士だった。一方岩上勝之進は秋の試合で三年不敗の成績を残し藩随一の遣い手と言われていた。だが今回は信次郎が勝利するだろうという前評判が立っていた。無論それは信次郎の剣才の評価に基ずいてであるが、岩上勝之進の父、家老の岩上勘左衛門が、その傲慢な人柄と独断専行の藩政経営のため、家中の人々に憎まれていた。その反動が信次郎への身びいきにつながっていると言えなくもなかった。
 試合はあっけなく終わった。信次郎が一本も取れず完敗したのである。無残な負け方と言っても良かった。藩主と重臣達は鼻白んだ顔で早々に席を立った。ほかの者達は嘲笑の目を信次郎に投げた。この試合で信次郎も柘植道場も面目を失ったのである。この敗北を誰よりも悔しがったのは、信次郎の父、窪井外記であった。外記は組頭を勤めているが、岩上家老派を良しとしない勢力の急先鋒であった。父は信次郎の不甲斐なさを心配し苛立っていた。
 この試合以降、信次郎は人に会ったり、話したりすることが極端に嫌になり道場の者とも交わらず、父母や奉公人とも出来るだけ顔を合わさないようになった。

 信次郎は城下を流れる平田川の上流の宗岡新田という小さな村に向かった。
 二ヶ月ほど前の三月(㊟現代暦ではおよそ四月)このあたりで釣りをし、それに飽いて遅くなった昼食の食べようと村の中をぶらぶら歩いていていると、村はずれの森の奥に建物らしいものを見つけた。そこは社(やしろ)だった。村の鎮守に違いない。苔が生えている石段を上ると意外に大きな社殿が現れ、山王社という額がかかっていた。
 信次郎は社殿の長廊下で握り飯の包みを開こうとした時、
若い娘が現れ、少しも臆することのない澄んだ目をじっと信次郎に向けて、別当(=神仏習合時代の寺の住職)が茶を差し上げたいと申している、と言った。信次郎は突然現れた清楚で美しい娘に目を奪われた。信次郎の身体に名状しがたい清らかなものが流れるのを感じた。娘はこの社の巫女だった.。娘が社殿の裏の平屋に案内した。そこで覚浄と名乗る別当に会った。山伏特有のダミ声であった。信次郎を驚かせたのは男の目にはほんの少しの親しみも含まれず、強い警戒心が宿っていることだった。
 その後信次郎は何度かこの社を訪れた。最近では釣りに出かけるというより 、この社を訪ね娘に会うことが目的となっていた。
 五月の空は一面曇っていたが、雨は降らなかった。川に沿って村に入った。その時川岸に人影が目に入った。その男は村人ではなかった。釣り着を着た武家だった。ここは城下から二里の距離がある。さすがにここまで遡(さかのぼ)って来る家中の釣り人は居なかった。珍しいな、と思った。

 信次郎が社殿前の広場に入るとあの娘が丁度広場を掃いているところだった。今日は祈祷があって神楽でも踊ったのだろう、年の頃十六、七歳の細身の身体に、白衣に緋の袴の巫女衣装がよく似合っていた。
 信次郎は娘に近づき、寒くないか、と声を掛けた。あたりは朝からは冷え冷えとした雨気に包まれていた。そして何気ない調子で、まだそなたの名を聞いておらんな、と言った。娘は返事をしない。信次郎は、覚浄別当に会った時は名を名乗れ、何しに来たと聞くから、こちらは名前も身分も全部話した。それなのにそっちは名前ひとつ明かさないのは不公平ではないか、と言った。娘は手で口を隠して、クスッと笑い、照日乙女と申します、と言った。ア、笑ったな、と信次郎は思わず叫んだ。娘の笑顔を初めて見たのである。一瞬、目の前に明るい花が開いたような印象が残った。照日乙女とは巫女の名で本名ではあるまい……と言いかけて信次郎は何故か閃いて、そなた、武家の娘ではないのか、と言った。娘は無言で首を横に振ったが、表情が急に暗くなったように見えた。娘は広場の掃き掃除に戻った。信次郎は娘を手伝い、掃き集めた塵を塵捨て穴に捨てる仕事にしばらく熱中した。その仕事が一段落したところで、覚浄別当が現れて信次郎に話がある SUNOCO (スノコ) Svelt (スヴェルト) 0W-16 (0W16) エンジンオイル 荷姿:20L、と言った。

「元の番頭(ばんがしら=軍事。城警備の指揮者)土屋様のお屋敷で、一家滅亡の惨事があったのを憶えておいででしょうか」
 覚浄別当はこう話を切り出した。
 事件は三年前の今頃、五月に起きた。惨事というのは土屋家の当主か、嫡男のどちらがかは分からないが、一夜白刃をふるって一家の者を惨殺してしまった事件だった。藩内が大騒ぎとなり、人々の記憶に残った。
 事件より三ヶ月ほど前、当主の土屋弥七郎が城下の富商から少なからぬ賄賂(わいろ)を受け取っていたという疑いで、大目付の取り調べを受けた。大目付の調べが進むにつれて、その賄賂が驚くべき多額にのぼることが明らかになった。惨劇はそのような時に起きたのである。
 調べた結果、土屋家の暮らしぶりは質素なものだし 【Dotty】 LUXUR-SPOLT シートカバー デリカスペースギア (8人乗り)にお勧め! 前期系 H06/05→H09/07 品番:4032、多額の賄賂の行方は不明だった。だが土屋は家老岩上派の重鎮であり、その岩上の人目もはばからぬおごった暮らしぶりから、この事件には裏があり、その裏に岩上家老が絡んでいるという見方根強くあった。そもそも番頭という職能に照らしてみて富商と結びつくということ自体が不自然であるということも、その疑いの原因となった。とすれば、土屋はただの代理人に過ぎず、金は派閥の頭である岩上家老に流れた、というのが真相であるということになる。大目付と背後に控える、元家老、元中老、元大目付といった藩の要職を勤めた者で構成される特別監察機関は、土屋を調べながら岩上家老の不正を暴くことを本筋として狙っていたのである。だがそんな時この惨劇が起き、調べは頓挫した。土屋の当主も嫡男も死亡し証言を得る道が塞がった。事件は土屋家の当主か嫡男が、調べが岩上に波及するのを恐れて、一家自裁の道に走ったものとされた。
 死亡したのは奉公人をいれて全部で七人だそうです、とそこまで話して覚浄別当は改めて警戒するように開け放した縁側の外を見回し、小さな声で、この話には人に話せぬもう一つの裏があって、そっちの話を聞いていただきたい、と言った。
 それは、土屋家で死んだのは七人といったが、それで全員ではなく、実は葉津という土屋当主の娘が一人、事件の後行方不明になっている、というのだった。土屋家の妻女と老僕の金平の死骸は屋敷内ではなく町はずれで発見された。斬殺者は二人が逃げ出したのに気づき、追いかけて殺したのだろうと推察された。だが不思議なことに当時十四歳の葉津の生死が知れない。大目付は所属の足軽組を動員して妻子達の死骸があったあたりを中心に、関所、金平の実家、土屋の親戚縁者の家等、くまなく探したが、葉津は見つからなかった。
「ここまで言えば、もうお判りでしょう。巫女の照日は、土屋家の葉津さまでござる」
 覚浄の驚くべき話は、ここで終わらなかった。
 土屋の妻女と葉津と金平の三人は屋敷から逃れ、神室(かむろ)山に向かった。神室山とは、藩境の関所の後背地に広がる懐深い山地で山岳修験の聖地 である。覚浄別当もこの山で修業した山伏で、神室山からこの寺に派遣されたのだと付け加えた。土屋家は古くからこの修験とかかわり合いがあり、三人はそこに逃げ込もうとしのである。ところが町を出て間もなく追手に追いつかれしまった。━━追手……?と聞いて信次郎に緊張が走った。追手が来たということは……。覚浄が後に葉津から聞いたところによれば、惨劇は屋敷内の私闘ではなく、外から来た男たちによる斬殺によって起きた、ということだった。追ってきた男たちは五人。奥方と金平は咄嗟に葉津を草むらに隠したが、自分たちはあっという間に殺害された。男たちはこれで一家を皆殺ししたと思い、はばかりもなく名を呼び合い、指揮した男は頭巾(ずきん)まで取ったそうです。ほかの者がこの男名を、勝之進と呼んだそうです。と言った。信次郎は、岩上勝之進だ、と咄嗟に確信した。岩上が土屋弥七郎の口をふさいだのだ。
 男たちが立ち去った後、葉津は、父親の供をして何度もこの山王寺を訪れたことのある金平が MOOSE RACING ムースレーシング オフロードパンツ QUALIFIER パンツ【Qualifier Pants】 Size:46 [2901-6717]、追い詰められたら、この社を頼るようにとしつこく言ったことに従って、里の夜道を、足が血だらけになりながら歩いてたどり着いたのだ。覚浄は、窪井さま、どうか力を貸しほしいと、不安な色を浮かべて言った。敵は娘を一人取り逃がし、その娘が生きていると気づいたらしく、娘を抹殺しようと、このところ得体の知れない武家がこの辺りを徘徊している気配がする、と言った。葉津さまのことが心配でなりません……。

 この秋若殿が墓参のため帰国することになり、秋の紅白試合が行われることになった。
 柘植道場では、去年の試合の敗北以来、ろくに顔を出さなくなった信次郎を、今年も道場代表として出場させるかどうか迷っていた。先ずは最近の剣力を見てみようと、道場主と道場の顧問格が信次郎を道場に呼び、師範代が不在のため三席の門弟と立ち合わせた。試合は朝六時に行われた。結果は信次郎が自分でも信じられないほど見事に勝利した。これだけの腕があれば岩上勝之進に負けるわけがない、と判断された。城下から片道二里(=八キロ)の宗岡新田に通いに通ったことで、足腰が鍛えられたことと、葉津の存在が心の中心に根付いたことが知らず知らずに信次郎を絶好調にしていた。
 試合の後、信次郎の父が何やら岩上家老断罪の重要な証拠を握ったらしく ★フォワード KC-NQR70 トラック専用 55W/70W薄型 PHILIPS-OEM HIDキット H7.12-H11.05 24V車★、

、観察会議が慌ただしい動きを見せているという噂になった。そのことと関係があるのかどうかわからぬが、葉津を引き取って窪井家に保護したい、という信次郎の頼みに、父の外記は快諾をしてくれた。
 道場を出て信次郎が宗岡新田の山王寺に向かったのは未だ朝早い時刻だった。昨日までいかにも梅雨模様の雨が降っていたが、今朝は一転して晴れ渡った。
 いつもの村が見える谷間の入り口に着いたとき、代官所か郡(こおり)奉行の配下と思われる役人に会った。信次郎は不吉な感じを受けた。その予感は当たった。社殿裏の別当の住居に村人が群がっていた。村役人らしい男に質すと、昨夜夜盗が押し込み人が殺されて室内が荒らされている、と言った。殺されたのは別当の覚浄、召使の平助。肝心の巫女の照日は行方不明で朝から皆で探しているが見当たらない、と心配顔で言った。信次郎はふと気が付いて、台所ばあさんのおたねの安否を聞いた。おたねは昨夜早く実家に帰っていたので命拾いをしたことが分かった。
  襲ったのは岩上の手の者に違いなかった。狙いは葉津だ。覚浄が恐れていたことが起きたのだ。
 ━━対応が甘かった。悔悟で吐き気に襲われた。水面に躍り上がった三月の鮠(はや)のように、若若しく凛(りん)としていた葉津の姿が目に浮かんでいた。
 信次郎はもう一度何気ない素振りで人垣を見回した。すると人々の後ろに以前川岸で見かけた武士が立っていた。こ奴が覚浄別当が言っていた、この辺りを徘徊している岩上配下の武士か、と思った。
 信次郎はこっそりおたねの家を訪ねた。おたねは信次郎の顔を見分け、身を震わせて泣いた。葉津の行方は知らなかった。信次郎は神室山に行きたかったが、近づいてはならないと思った。岩上方は信次郎が山王寺に出入りしていることは調べがついているであろう。敵は自分を見張っているに違いないからだ。それに岩上の手の者が未だこの辺りをうろついているとすれば、葉津は未だ敵の手に落ちていないということになる。望みはある、と思った。首尾よく魔手を逃れて神室山に逃げ込めたかもしれない。そしていつか葉津から必ず連絡が来る、と信じたかった。
 
 しかし葉津からは何の連絡もなく、生死も定かでないまま日は過ぎて行った。
 岩上の調べは続いているようだったが、決定的な証拠を握るまでに至っていないらしい。
 季節は、信次郎の葉津を想う気持ちと岩上親子への憎しみを日々太らせたまま、夏を経て秋に移っていった。 …………

                           初出:『オール読物』 H2年 



    本作品の収録全集 第六巻


    本作品の収録文庫 「玄鳥」 文春文庫



 
 
 

 

 

 
 

 
Pagetop

コメントの投稿

Font & Icon
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:ほー516
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者の数

161 ブレーキキット【トラスト】アリスト JZS161 ブレーキシステム アリスト ブレーキキット【トラスト】アリスト リア4POT 161 GReddy

筆者へのメールフォーム
作品検索フォーム


RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-43799