>  > 【200 ハイエース ガレージベリー】ハイエース 200系 標準ボディ 3型 フロントハーフスポイラー 専用スプリッター FRP

【200 ハイエース ガレージベリー】ハイエース 200系 標準ボディ カーマット 3型 フロントハーフスポイラー 専用スプリッター zoom/ズーム FRP

 記事中斜体文章は原作からの引用、文字下線文章は筆者の独自解釈を示します。

 馬廻組の布施甚五郎は隠居した父、結婚して三年になる妻、六ヶ月の息子とで至極平穏に暮らしていた。
 ある日登城すると、家老のところに出頭するよう命じられる。
 家老の用件は「殿のご決心がついて、織部さまを御成敗することに決まった、ついては……布施に討手を申し付ける」というものであった。

 織部さまとは、藩主左近将監光晃の異母弟で織部正吉龍子のことである。藩主はこの弟を愛し、五年前幕府に願い出て、自藩内に一万石を分けて支藩とし、織部を入部させた。だが間もなくその弟に悪い噂が立ち始めた。百姓に対する織部の苛政である。噂はこれから更に YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー SUV G055 サマータイヤ 215/60R16 KYOHO SEIN-SS ザインSS ブラック ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +48 5穴 100 、百姓の間に一揆萌芽の動き有りと膨らみ、事実本藩に嘆願書が出されたと噂された。実際に百姓一揆などが起これば、領内運営に不適格として、幕府により藩がとり潰しになる可能性もあるのだ。
 藩主はこれを聞いて急きょ再び幕府に願い出て、支藩を本藩に回収する処置を取り、織部さまには一千石を与えて城下に住まわせ事態の沈静化を図った。このことで藩主は幕府からお叱りを受けた。三年前のことである。
 だが織部さまの素行は城下に戻ってからも改まらず酒色におぼれた生活をしていると報告された。そしてある藩士が女房を殺し自分も自裁するという事件が起こったが、それはその女房が屋敷内に拉致され、織部さまに犯されたのが原因だという噂が流れた。ここに至り重役たちの強硬な意見の前に、藩主はついに織部さまの成敗を決断する。

 「いかがした?」家老が ブリヂストン PLAYZ プレイズ PX サマータイヤ 195/45R16 WEDS ウェッズ Leonis レオニス FY ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6 +50 4穴 100、平服したまま返事をしないでいる布施に尋ねた。
 布施は、

、その役目は自分には重すぎるから、藤井源助に変えてほしいと言った。藤井は藩内で甚五郎と一、二を競う高名な剣士である。家老は、藤井は肝を病んで寝ているというので貴様に決めた、文句を言わずに承れ、と言い「それとも、布施、臆したか」と言った。そこまで言われては、甚五郎は「いかにも、お受けいたします」と答るしかなかった。

 甚五郎が承諾を躊躇したのには、理由があった。甚五郎には、妻以外の人が気づいていない奇癖があるのである。それは「くしゃみ」だった。
 その奇癖に最初に気づいたのは、藩主に初めて拝謁を賜った時であった。藩ではお目見得以上の藩士の子弟で元服した者が翌年の正月に初登城し、藩主から一人一人に短いお言葉を賜るという儀式がある。
 裃の礼服で平伏する治五郎の番が近づいた。甚五郎は深い緊張で完全にのぼせ上がっていた。そのとき鼻腔にくすぐられるような掻痒感を感じた。くしゃみが出そうになる。甚五郎は必死で堪えようとした。甚五郎の番が来て名前を呼び上げられた。甚五郎は「布施……」と名乗り掛けたとき、くしゃみが爆発した。立て続けに三つも出た。
 くしゃみは大事な時に出た。十九才の時、秋の奉納試合で勝ち進み、すでに藩随一と、剣名の高い藤井源助と初めて決勝で対峙した。向き合って木剣を構えてた時から、鼻の奥にむず痒いものが動き始めた、それは強弱をつけそして膨れ上がって来る。甚五郎はもはや、剣に集中することはできなかった。藤井は甚五郎の表情に一瞬怪訝な色を浮かべたが、瞬時にまっすぐ打ち込んで来た。木剣は甚五郎の額の一寸前に止まった。甚五郎は藤井の剣先をかわす間もなくあさりと敗れたのである。
 又、友人の世話で、甚五郎が妻の弥生と初めいて会ったときのことである。甚五郎は会うなり、弥生に好意を持った。何か言わねばならぬと思ってが、緊張のあまり舌がこわばってしまう。年若い女子と向き合ったのは初めてだ、と思った。そう思ったとき例の掻痒感が鼻の奥に生まれジワリと膨らんだ。「こりゃいかん」と甚五郎は鼻を曲げ、口をゆがめてくしゃみの爆発を抑えようとした。その奇妙な表情ををみた弥生は自分を馬鹿にしていると勘違いした。「布施様、わたくしを愚弄なさるおつもりですか」と鋭く言った。甚五郎はあわてて、しどろもどろになりながら自分の「くしゃみ」の奇癖について、初めて他人に告白したのである。

 決行の二日前、甚五郎は弥生にそれを打ち明けた。甚五郎の奇癖を知っている弥生は、本人と同様に「くしゃみが」上意討ちの妨げになるかもしれないと心配した。そこで甚五郎に、一度藤井を訪ねてみることを薦めた。
 甚五郎と藤井とは三度対戦し [245/40ZR17 91W] TOYO / PROXES R1R [タイヤのみ1本]、初戦の甚五郎の負けは別として、その後は一勝一敗で互いを認め合う友人になっていた。
 藤井を訪ねると、藤井はやはり寝ていた。座敷に通されると藤井は布団の上に掻巻を羽織って座っていた。これじゃ無理だ、と甚五郎は思った。世間話をして帰ろうとすると 【割引クーポン配布中】Clazzio/クラッツィオ アルカンターラセレクション ノア・ボクシー/AZR60G、AZR65G H13/11~H16/8 カラーグレー【31ETC241G】、藤井は「何か話があるのではないか」と言った。
 甚五郎は上意討ちの一件と、例の「くしゃみ」について話した。藤井は甚五郎の「くしゃみ」は相手が何者か分からんで会い、緊張した時に出るのではないか、と言った。甚五郎はそれもそうだと思った。だとしたら、これは事だ、と思った。「それがしは、織部さまを知らん。会うの今度が初めてじゃ」。藤井は「織部の正体は、既に貴公には見えている。領地で苛政をなされ、藩士の女房を犯した暴君だ」と言った。

 決行の段取りは藩主は織部を茶会に招いた後、織部さまの帰り際に討つと決められていた。織部さまの一行が茶室に着いた。甚五郎は枯草の上に膝まづき頭を下げて、織部さまが通り過ぎるのを見送った。
 誰かが甚五郎の前に立ち、上から見下ろしている。甚五郎が頭を上げると ノブレッセ ヴェルファイア 30系 エアログレード専用 ドアパネル一体式サイドステップ 塗装済 ホワイトパールクリスタルシャイン/ブラック、それはなんと藤井源助だった。
 藤井は、自分は今日の日の為に長い間仮病をを使っていたが、織部さまの護衛で来たといった。また織部さまこそは善政を布かれた殿様で、年貢も本藩より二割の低く抑えて、百姓に喜ばれている。悪い噂は、支藩の善政が知れ渡ると、それが本藩の悪政批判につながることを恐れた本藩の重臣達が仕組んだことだ、と言い残して茶室に入って行った。

 時がたって、藩主が茶室を出て立去り、やがて藤井の先導で、織部さまがゆっくりと出て来た………。
                                    初出:『週刊小説』 S49・12・10号




   本作品の収録全集 「第4巻」


   本作品の収録文庫 「霧の朝」新潮文庫


コメントの投稿

標準ボディ フロントハーフスポイラー 標準ボディ 専用スプリッター ハイエース ガレージベリー】ハイエース 専用スプリッター 3型 200系 FRP 【200

Font & Icon
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:ほー516
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者の数
筆者へのメールフォーム
作品検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-99517