>  > サマータイヤ 265/65R17 112H グッドイヤー エフィシエントグリップパフォーマンスSUV GOODYEAR EfficientGrip Performance SUV

ハンディーはゼロ ブラインドゴルファー女子シニアに出会う

TOKYO MXテレビ 2005年5月21日放送 あらすじ

 

サマータイヤ 265/65R17 112H Stage グッドイヤー エフィシエントグリップパフォーマンスSUV GOODYEAR EfficientGrip Performance レオニス SUV

深見東州・活動の歴史DVD テレビ放送シリーズ22 たちばな出版

2005年 RAV4(30系)ACA3#W(H17.11~)用【トヨタ純正】 G's プッシュ スタート スイッチ(レッド)プッシュスタートスイッチ/エンジンスターターボタン/プッシュスタートスイッチ/プッシュエンジンスイッチ、世界のブラインドゴルファーが集い、世界の女子シニアと一緒にコースをともにするという初めての試みが日本で行われました。

 

視覚障害というハンディを持ったゴルファーが健常者と一緒に同じコースを回る。ハンディを越えた同じ人間としての交流がここにあります。

 

ワールドシニアゴルフレディースオープン、世界初の女子シニアゴルフ選手権が日本で開かれました。この大会を開いたのはアメリカの女子シニアゴルフ協会とブラインドゴルフの団体です。

世界の女子シニアとブラインドゴルファーがともにコースをまわる!

海外からは、ゴルフ世界殿堂メンバーが3名、すなわち優勝回数88勝で、男女含めて優勝数世界一のキャシー・ウィットワースや、パット・ブラッドリー、

サマータイヤ 265/65R17 112H グッドイヤー エフィシエントグリップパフォーマンスSUV GOODYEAR EfficientGrip Performance SUVの人気商品

、パティー・シーハンが来日。さらに、南アのサリー・リトル、美しいフォームで有名なシンディー・ラリック、また、よくゴルフカレンダーに登場したジャン・ステファンソンなど、今も多くがレギュラーで活躍する海外のビッグスターが参戦しました。

 

日本からは、日本女子の生涯賞金女王のト阿玉、第2位の吉川なよ子、第5位の森口祐子らが出場し、熱戦を繰り広げたのです。

 

ワールドシニアゴルフレディースオープンは(塗-土)阿玉が優勝しました。

 

週刊ゴルフダイジェスト 掲載

盲人ゴルファーと女子世界殿堂プロたちの競演

ワールドシニアレディース選手権が日本で開催

SUV グッドイヤー Performance EfficientGrip 112H サマータイヤ 112H Performance 265/65R17 GOODYEAR エフィシエントグリップパフォーマンスSUV

 全米女子プロゴルフ協会公認のシニア競技、ワールドシニアゴルフレディースオープン選手権が、4月9、10の両日、静岡の伊豆大仁GCで開催された。

 豪華な顔ぶれがずらりと揃った。通算88勝のキャシー・ウィットワース、パット・ブラドリー、パティ・シーハンのホール・オブ・フェイマーが3人。これに豪州の元祖ビジュアル系ジャン・スティーブンソンや 、南ア出身のサリー・リトル(南ア)などを加えた世界各国の16人が試合に参加。これに加え クラッツィオ カスタムフロアマット 1台分セット(2列車用ラゲッジマット無) カローラフィールダー ZZE161G ZRE162G Clazzio カスタムフロアマット ET-1011-Y902、かつて米ツアー挑戦経験もある森口祐子、ト阿玉の永久シード選手をはじめとする8選手が日本から加わり、総勢24選手で、2日間36ホールを競った。

 主催したのは世界盲人ゴルフ協会(IBGA) 【メーカー在庫あり】 千代田通商(株) チヨダ TEタッチチューブ 16mm/20m クリアブルー TE-16-20 CBL HD、米国女子シニアゴルフ協会(WSGA)、NPO法人日本盲人ゴルフ振興協会(JBGA)。意外とも思えるこの組み合わせは、一体どうして実現したのか。

 JBGA名誉会長で主催者代表の半田晴久氏に話を聞いた。

「どうして女子シニアか JK-093(07-093)エアストリームメッシュジャケット コルドバ ブラック/ライムグリーン 3XLサイズ コミネ(KOMINE)、と問われれば、誰もやらないからです。男子シニアは減ったとはいえ試合がある。でも女子シニアはアメリカではあるけれど、日本ではない。シニアプレーヤーはどんどん増えているのに、この人たちは一体どうするんだろう? と心配になっちゃった。アメリカの選手達は社会還元ということを考えているから、ブラインド(盲人)ゴルフという趣旨にすぐに賛同してくれて実現に至った。これでブラインドゴルフというものが少しづつでも広まれば」と、スポンサーのつかない女子シニアにとっては救世主が現れたようなものだ。

 米国では今年も3試合、女子のシニアトーナメントが行われるが、やはり「スポンサーを探すのは難しい」(ジェーン・ブラロックWSGA会長)。そのスポンサーをWBGA、JBGAが引き受ける。逆にブラインドゴルフ関係者にとっては、有名選手達がプレーすることで注目を集め、ブラインドゴルフについて世間に知らしめることができる。同時に大会前日のプロアマでは、トップブラインドゴルファー達をプレーさせることで、やりがいを与えると言うメリットがある。

 実は、日本でも昨年、協会主催で第1回盲導犬チャリティLPGAエバーグリーンゴルフカップが行われている。「詳細は未定だが、第2回大会も7月ごろに開催予定」(日本女子プロゴルフ協会=LPGA小林法子理事)と、シニアトーナメントと社会還元を関連付けることには積極的だ。

 それでも今回に関しては、話が持ち上がったのが急だったこともあり、主催者ではなく特別協力の立場にとどまっている。来年以降については前向きで「共催できればすばらしい」というブラロック会長同様、前向きな姿勢を見せている。

「できる限り続けたい。やがては米国(の協会に所属する各国出身選手を含む)と日本から半分づつ選手を出したい。今年は出られないけど来年は来る、とナンシー・ロペスも言ってくれている」(半田会長)と、この大会がこれから根付いてくれそうな気配だ。

 また、ブラインドゴルフに触れることができるプロアマ戦とは別の意味で興味深かったのは、13人の日本ツアー勢が3つのスポットを争った大会2日前の選考会。50歳でシニアとなる男子とは違い、女子は45歳でシニアの資格を得るため、谷福美、小田美岐、大城あかねなど「もうそんな年齢?」という選手も多い。そうかと思えば女子プロ1期生の岡田美智子や4期生の横山美智子ら大ベテランも参戦するなど スタッドレス タイヤ グッドイヤー 17インチ 4本 215/60R17 215 60 17 96Q アイスナビ7 冬 スタットレス GOOD YEAR ICE NAVI7、

サマータイヤ 265/65R17 112H グッドイヤー エフィシエントグリップパフォーマンスSUV GOODYEAR EfficientGrip Performance SUV

、懐かしさととも共に女子シニアという新しい世界への入り口としても興味深い大会となった。