>  > 3D DesignエキゾーストシステムステンレスマフラーBMW 5シリーズ/F10(523i)用送料サイズ160
18インチアリオン260系WORK エモーション T7R マットカーボン 7.5Jx18ZIEX ZE914F 215/40R18

文字サイズの変更方法

3D DesignエキゾーストシステムステンレスマフラーBMW 5シリーズ/F10(523i)用送料サイズ160

3D ヴェルファイア DesignエキゾーストシステムステンレスマフラーBMW 代引き手数料無料 5シリーズ/F10(523i)用送料サイズ160

 冠動脈インターベンションは、経皮的冠動脈形成術、経皮経管冠動脈形成術、風船治療など時代や施設によりいろいろな名称でよばれています。英語・英略名では、PCI(percutaneous coronary intervention)やPTCA(percutaneous transluminal coronary angioplasty)と表記し、これらはすべて同じ治療=心臓カテーテル治療のことを表します。
冠動脈インターベンション(PCI,PTCA)の歴史は、1977年、スイスの医師グルンチッヒ(Dr. Andreas R.Gruzig )が初めてバルーン(風船)で血管を膨らませたことに始まり、欧米において、研究と患者への適応が積極的に行われてきました。わが国では、1981年に始めて実施されました。


冠動脈インターベンションの概要

 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は冠動脈の狭窄や閉塞によって、心臓の筋肉への血液の供給が不足し胸痛などの症状をきたす疾患です。特に急性心筋梗塞では、命に関わることもあり、迅速で適切な治療が重要です。このような疾患の治療法として、

  1. 薬物療法
  2. 冠動脈インターベンション(心臓カテーテル治療)
  3. 冠動脈バイパス術

の3種類の方法があります。このうち、薬物療法は治療の基本で、通常は薬物療法を行った上で、冠動脈インターベンションや冠動脈バイパス術を行います。
循環器内科が冠動脈インターベンションを担当し、心臓血管外科が冠動脈バイパス術を担当しています。


冠動脈インターベンションの実際

 冠動脈の治療を行う場合カテーテルを用いますが、そのカテーテルを挿入する部位として、手首(橈骨動脈)、肘(上腕動脈)、ももの付け根(大腿動脈)の3カ所があります(詳しくは「穿刺部位について」をご覧下さい。)。患者さんの病変や病態などに応じて、

3D DesignエキゾーストシステムステンレスマフラーBMW 5シリーズ/F10(523i)用送料サイズ160品をネット最安値

、穿刺部位を選択しています。大腿動脈からのアプローチでは、血管を縫合する道具を用いることにより、治療後の安静時間を短くしています。

3D 3D DesignエキゾーストシステムステンレスマフラーBMW 5シリーズ/F10(523i)用送料サイズ160 DesignエキゾーストシステムステンレスマフラーBMW

  1. 局所麻酔を行った後で、シース(カテーテルを出し入れするために、血管に入れる管)を血管に挿入します。
  2. カテーテルを冠動脈入り口まで挿入します。
  3. 細いワイヤーで、狭窄部位や閉塞部位を通過させます。
  4. ワイヤーに沿ってバルーンを進めます。バルーンをふくらませることで、血管を拡張します。
  5. 通常 、その部分にステントを留置します。

冠動脈インターベンションで行われる手技

 冠動脈の病変は、硬い病変ややわらかい病変、また長い病変や短い病変、一箇所の病変か複数の病変など個人差があります。病変の条件により使用するカテーテルの種類や治療の方法も違います。現在行われている主な冠動脈インターベンションの手技には次のようなものがあります。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-48225